ダイナコムウェア

ダイナコムウェアは、コンピュータ用のフォントソフトウェア開発・販売している台湾企業日本法人はダイナコムウェア株式会社

ダイナコムウェア株式会社
DynaComware Corp.
種類 株式会社
本社所在地 101-0051
東京都千代田区神田神保町2-38 いちご九段ビル8F
設立 2001年5月31日
業種 情報・通信業
法人番号 8010401044637
事業内容 1. 文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守 2. 外字フォント制作、外字サーバ等の外字関連製品の開発・販売 3. 多言語フォントの販売 4. 組込み用多言語フォントソリューション 5. Webフォントソリューション 6. 上記に付帯関連する一切の業務
代表者 代表取締役社長 羅 慧美
資本金 12,169,800円
決算期 12月
外部リンク http://www.dynacw.co.jp/
威鋒数位股份有限公司
各種表記
繁体字 威鋒數位股份有限公司
簡体字 威锋数位股份有限公司
拼音 Wēifēng Shǔwèi Gǔfènyǒuxiàngōngsī
英文 DynaComware Corporation

概要

ダイナコムウェアは「DynaFont」の商標でフォント製品を中心に、開発・販売している会社。

DynaFont(ダイナフォント)は、ダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart」シリーズおよびDynaFont パッケージ製品が『BCN AWARD 2015「フォントソフト部門」』で15年連続となる最優秀賞を受賞するなど、グラフィックデザイナー印刷会社出版社を中心としたDTP業界から、広告、TVなどのテロップをはじめとする映像メディア、Website、携帯電話機やスマートフォン、タブレット、パソコンなどのデジタルコンテンツ、コンシューマーゲーム、PCゲーム、パチンコといったアミューズメント機器といったパーソナルユースからビジネス・プロユースまで幅広く使用されているフォントシリーズとなる。

ダイナコムウェアのリリースするフォント製品に含まれる大半の書体は、台湾人デザイナー制作してきたが、近年では日本人書体デザイナーが仮名のデザインを担当している。

なお新宋体、痩金体、魏碑体、隷書体、麗雅宋の仮名デザインは、ヒラギノを手がけた字游工房が担当した。

「古籍書体」が2014年度「グッドデザイン賞」、「甲金文体」が2018年度「グッドデザイン賞」および「2019年度IFデザイン賞」を受賞、「金剛黒体」が「2018年度GOLDEN PIN DESIGN AWARD(金點設計獎)」でベスト・オブ・ゴールデン・ピン、「2020年度グッドデザイン賞」、Kデザイン賞でGrand Prize(大賞)、「IAUD国際デザイン賞2019」で「コミュニケーション部門銅賞」を受賞している。また、「金剛黒体」は、2020年2月現在、日本語書体は6ウェイトおよび4種類のコンデンス書体に対応しているほか、多言語シリーズとして、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)、ラテン語、韓国語、ヒンディー語、アラビア語、ミャンマー語、ヘブライ語、ベトナム語、タイ語、ベンガル語など18言語をリリースしている。

沿革

  • 1987年 - DynaLab Inc.設立
  • 1993年5月 - 日本法人としてダイナラブ・ジャパン株式会社を設立
  • 1997年12月 - ダイナラブ・ジャパン株式会社、出力・印刷部門を新設のアジアサーブテクノロジージャパン株式会社に移設
  • 2000年2月 - アジアサーブテクノロジージャパン株式会社、ダイナネットジャパン株式会社へ社名変更
  • 2001年5月 - ダイナコムウェア株式会社を設立
  • 2001年7月 - ダイナラブ・ジャパン株式会社およびダイナネットジャパン株式会社のフォント事業・E-Document事業をダイナコムウェア株式会社に譲渡、事業開始
  • 2001年10月 - ダイナラブ、ダイナコムウェアへ社名変更
  • 2002年9月 - 外字作成管理システム「外字サーバEV」リリース
  • 2013年11月 - 「DynaFont 中国語88書体 TrueType Hybrid」発売
  • 2014年2月 - 「DynaFont TypeMuseum 5718 TrueType Win/Mac」「DynaFont TypeMuseum 3728 TrueType Win/Mac」発売
  • 2014年3月 - 「DynaFont 古籍五書体 TrueType Hybrid」発売
  • 2014年6月 - 「DynaFont まんが8書体 TrueType Hybrid」「DynaFont 人名記号外字2 TrueType for Windows」発売
  • 2014年8月 - 「DynaFont Gaiji Builder2 TrueType for Windows」発売
  • 2010年5月 - ダイナフォント年間ライセンスシステム「DynaSmart」・「DynaSmartPlus」リリース
  • 2015年11月 - ダイナフォント年間ライセンスシステム「DynaSmart V」・「DynaSmart V NOW!」・「DynaSmart V 更新パック」・「DynaSmart 学生版」発売
  • 2016年3月 - Webフォントクラウドサービス「DynaFont Online」リリース
  • 2017年2月 - 「DynaSmart V ゲーム拡張オプション」発売
  • 2018年10月 - 「DynaFont 人名記号外字3 TrueType for Windows」発売
  • 2019年4月 - TrueTypeフォントに特化したダイナフォント年間ライセンスシステム「DynaSmart T」発売

代表的なDynaFont/ダイナフォント

  • 平成ゴシック体
  • 平成明朝体
  • 平成丸ゴシック体
  • 華康ゴシック体
  • 華康明朝体
  • 娥眉明朝体
  • UDゴシック体
  • UD丸ゴシック体
  • 華康楷書体
  • 隷書体
  • 唐風隷書体
  • 楷書体
  • 太楷書体
  • 行書体
  • 教科書体
  • 金文体
  • 痺金体
  • 新宋体
  • 新篆体
  • 古印体
  • 爽流体
  • 流隷体
  • 龍門石碑体
  • 華藝体
  • まるもじ体
  • 京劇体
  • てがき楽
  • てがき魔
  • 麗雅宋
  • 優雅宋
  • ロマン輝
  • ロマン雪
  • 綜藝体
  • クラフト墨
  • クラフト遊
  • 勘亭流
  • 相撲体
  • 古籍木蘭/グッドデザイン賞
  • 古籍糸柳/グッドデザイン賞
  • 古籍真竹/グッドデザイン賞
  • 古籍銀杏/グッドデザイン賞
  • 古籍黒檀/グッドデザイン賞
  • 金剛黒体/グッドデザイン賞、2018年度GOLDEN PIN DESIGN AWARD(金點設計獎)でベスト・オブ・ゴールデン・ピン、Kデザイン賞でGrand Prize(大賞)、IAUD国際デザイン賞銅賞
  • 甲金文体/グッドデザイン賞、iFデザイン賞

現在販売中のフォントライセンスおよび主なパッケージ製品

  • DynaSmart V
  • DynaSmart T
  • DynaSmart 学生版
  • DynaFont 人名記号外字3 TrueType for Windows
  • DynaFont Gaiji Builder2 TrueType for Windows
  • DynaSmartおよびDynaSmart Plusは新規販売終了、更新契約のみ販売中

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.