タンボラ山

タンボラ山(タンボラさん、英語Mount Tamboraインドネシア語Gunung Tambora)はインドネシア中南部、スンバワ島にある成層火山である。島の北側に突き出たサンガル半島の大部分を占めており、標高2,851メートル。山頂には直径約6キロメートル、深さ約600メートルのカルデラがある。

タンボラ
Tambora
サンガル半島とタンボラ山
標高 2851 m
所在地  インドネシア 西ヌサ・トゥンガラ州
位置 南緯8度15分 東経118度0分
山系 小スンダ列島
種類 成層火山
中心下がタンボラ山
プロジェクト 山

1815年の大噴火

1815年大噴火は、過去2世紀に世界で記録されたもののうち最大規模である。VEI(火山爆発指数)=7。

1812年から火山活動が始まり、1815年4月10日から同年4月12日にかけての大爆発音は1,750キロメートル先まで聞こえ、500キロメートル離れたマドゥラ島では火山灰によって3日間も暗闇が続いた。高さ3,900メートルあった山頂は2,851メートルに減じ、面積約30平方キロメートル、深さ1,300メートルの火口が生じた。この大噴火による噴出物の総量は150立方キロメートルにおよび、半径約1,000キロメートルの範囲に火山灰が降り注いだ。地球規模の気象にも影響を与えた[1]

この火山灰によって農作物は壊滅的な被害を受けた。また、この大噴火後数か月にわたって世界各地で異常な夕焼けが見られ、この1815年の夏は異常に低温であった。同年、アメリカ北東部では異常低温となり、が6月までみられた。イギリススカンディナヴィアでは5月から10月まで長雨が続き、異常低温による不作や食糧不足の事態が社会不安を引き起こした。さらに、翌1816年は「夏のない年」(Year Without a Summer)と言われた。

フランス人作家のヴィクトル・ユーゴーは、小説レ・ミゼラブルにて「季節外れの雲に覆われた空が、世界の崩壊をもたらした」と、イギリス人作家のメアリー・シェリーフランケンシュタインの中で当時の天候について「多湿で不愛想な夏と降りやまない雨によって外出できなかった」とタンボラ山の大噴火によって引き起こされた異常気象について間接的に言及している[2]

またナポレオンワーテルローの戦いで敗戦に追い込まれた原因の一つは、タンボラ山の大噴火によって引き起こされた大雨であると言われている[2]

この大噴火による死者は1万人にのぼり、その後の飢饉疫病によるものも含めれば7万人から12万人といわれている。現在の活動は火口底の噴気活動だけである。

世界的に1.7℃の気温低下が見られた。スイスでは深刻な飢饉が見られた。

ただし、実際の地球の気温は上記の大噴火より前の1810年から10年間を通し、0.5度低かったことがわかっている。このことから、異常気象の原因を上記の大噴火とは別の噴火に求める説もある。実際、最新の地質調査により、1809年頃に地球上の熱帯地方のいずれかの位置にて、上記大噴火の半分程度の二酸化硫黄の噴出規模の噴火が起きたことが判明している[3]

1815年の降灰分布図

脚注

  1. 石弘之著『歴史を変えた火山噴火 -自然災害の環境史-』 刀水書房 2012年 114ページ
  2. ナポレオンを敗戦に追い込んだ「世界最大級の火山噴火」David Bressan
  3. ナショナルジオグラフィック ニュース19世紀の地球低温期、原因は謎の噴火 2009年12月9日

参考文献

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.