タンク・カーダー

タンク・カーダー(Tank Carder 1989年1月18日- )はテキサス州スウィニー出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLクリーブランド・ブラウンズに所属している。ポジションはラインバッカー。タンクは、生まれて1年半で33ポンドにまで成長したことからのニックネームである[1]

 タンク・カーダー
Tank Carder
基本情報
ポジション ラインバッカー
生年月日 (1989-01-18) 1989年1月18日(32歳)
出身地 アメリカ合衆国テキサス州スウィニー
身長 6' 2" =約188cm
体重 237 lb =約107.5kg
経歴
大学 テキサスクリスチャン大学
NFLドラフト 2012年 - 5巡目全体147位
初出場年 2012年
所属歴

受賞歴・記録
NFL 通算成績
タックル 58回
サック 0回
インターセプト 0回
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

経歴

9歳の時、フランスで行われた世界選手権自転車競技大会BMSで優勝した[1]。しかし、彼は自転車競技への興味を失っていく。プロBMSレーサーのババ・ハリスによれば、カーダーが競技を続けていたらオリンピックにも出場できただろうという[1]。数年後交通事故で、生死の境をさまよい、6週間入院した。この事故で彼は肋骨を7本骨折、横隔膜にも損傷を負った。医者は「命を取り留めたとしても、歩けるようになるかわからない。」と述べた。入院中母親から歩けなくなったらどうするか聞かれた彼は「オリンピックの車いす競技に出場する。」と答えた[1]。この時の怪我は彼のフットボール人生に大きな影響を与えた。高校のフットボールチームにキッカーとして加入を希望したが、それにはキックオフやパントを蹴ったら直ちにフィールド外に出て、接触プレーをしないことが条件として約束された[1]。2年の時にトライフォーポイントを蹴る際、ホールダーがファンブル、ボールを拾った彼は接触されることなく、ランで2ポイントコンバージョンを決めたが、プレー後にコーチから2度とそうしたプレーをしないよう警告された[1]

3年になりようやく、接触プレーをすることが許可され、ラインバッカー、ランニングバッククォーターバックタイトエンドとしてもプレーすると共に、キッカーも続けた[1]。4年次にはオフェンスで1,200ヤードを獲得、ディフェンスでは116タックルをあげた[2]。大学進学を前に彼はRivals.com に2つ星と評価された[3]

テキサスクリスチャン大学から奨学金のオファーをもらい[1]進学した彼は、2009年より先発出場するようになり[2]、81タックル、10パスブロックの活躍を見せ、全米トップのディフェンスの一員として貢献、チームはボイシ州立大学とのフィエスタボウルに出場している。

在学中の2010年、彼は全米コーチ協会よりオールアメリカンに選ばれた。2011年1月1日に行われたウィスコンシン大学とのローズボウルでは第4Qに決まれば同点となる2ポイントコンバージョンを阻止、最優秀守備選手に選ばれた[2]

2011年、CBSスポーツからオールアメリカンセカンドチームに、AP通信からサードチームに選ばれた[2][4]

2012年のNFLドラフト5巡147位でバッファロー・ビルズに指名された。8月31日にビルズからカットされたが[5]、翌9月1日、クリーブランド・ブラウンズと契約を結んだ[6]

2014年は、全16試合に出場、スペシャルチームで16タックルをあげた[7]


2016年3月、ブラウンズと再契約を結んだ[8]

2017年グレッグ・ウィリアムズ守備コーディネーターからはミドルラインバッカーとして期待されたが[9]、プレシーズン第2週のニューヨーク・ジャイアンツ戦でACL断裂、シーズンを全休[10][11]

2018年3月、ブラウンズと再契約を結んだが[12]、6月にチームがマイカル・ケンドリクスを獲得した際にカットされた。2012年から2016年までの5シーズンで77試合に出場、ディフェンスで20タックル、スペシャルチームで38タックルをあげた[11]

脚注

  1. From Broken Boy to T.C.U. Tackler”. ニューヨーク・タイムズ. 2012年9月15日閲覧。
  2. Profile”. テキサスクリスチャン大学. 2012年9月15日閲覧。
  3. Scouting Report”. rivals.com (2007年). 2012年9月15日閲覧。
  4. Carder seals TCU win with clutch play”. FOXスポーツ (2011年1月2日). 2012年9月15日閲覧。
  5. 最終ロースターカット一覧 -AFC東地区-”. NFL JAPAN (2012年9月1日). 2012年9月20日閲覧。
  6. Transcript from news conference with Browns GM Tom Heckert”. ohio.com (2012年9月1日). 2012年9月15日閲覧。
  7. Joe Gilbert (2015年1月8日). WFNY’s 2014 Cleveland Browns Position Review: Linebackers”. waitingfornextyear.com. 2019年1月5日閲覧。
  8. Josh Alper (2016年3月7日). Browns tender Terrelle Pryor, three other restricted free agents”. NBCスポーツ. 2019年1月5日閲覧。
  9. Chris Pokomyr (2016年3月7日). Browns LB coach Blake Williams: Jamie Collins’ commitment to Cleveland, and the middle linebacker competition”. dawgsbynature.com. 2019年1月5日閲覧。
  10. Browns re-sign free-agent linebacker Tank Carder”. FOXスポーツ (2018年3月26日). 2019年1月5日閲覧。
  11. Fred Greetham (2018年6月5日). Browns announce Mychal Kendricks signing; cut Tank Carder”. 247.sports.com. 2019年1月5日閲覧。
  12. Fred Greetham (2018年3月26日). Browns re-sign linebacker Tank Carder”. 247sports.com. 2019年1月5日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.