タニガワナマズ

タニガワナマズ(Silurus tomodai)は、条鰭綱ナマズ目ナマズ科ナマズ属に分類される魚類。

タニガワナマズ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: ナマズ目 Siluriformes
: ナマズ科 Siluridae
: ナマズ属 Silurus
: タニガワナマズ S. tomodai
学名
Silurus tomodai
Hibino and Tabata, 2018[1]
和名
タニガワナマズ[2]

分布

日本(愛知県、岐阜県、静岡県、長野県、三重県)[1]

形態

体長13.2 - 51.4センチメートル[1]。体型は細い[1]。頭長は短く、体長の18.5 - 21.2 %[1]。頭部腹面に暗色斑が入る[1]。 上顎の歯帯が、2つに分かれる[1]。歯は小型[1]

卵は黄色[1]

分類

2016年に発表されたミトコンドリアDNA16S rRNA・COI・ND5・シトクロムb・コントロール領域の分子系統推定から、中部地方のナマズ個体群内にイワトコナマズと単系統群を形成する系統が含まれるという解析結果が得られていた[3]

出典

  1. Yusuke Hibino, Ryoichi Tabata, "Description of a new catfish, Silurus tomodai (Siluriformes: Siluridae) from central Japan," Zootaxa Volume 4459, Number 3, 2018, Pages 507-524.
  2. 2018.8.16 タニガワナマズ, "日本産魚類の追加種リスト(更新日2019/8/1 279種)
  3. Ryoichi Tabata, Ryo Kakioka, Koji Tominaga, Takefumi Komiya, Katsutoshi Watanabe, "Phylogeny and historical demography of endemic fishes in Lake Biwa: the ancient lake as a promoter of evolution and diversification of freshwater fishes in western Japan," Ecology and Evolution, Volume 6, Issue 8, 2016, Pages 2601-2623.

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.