タカミメロン

タカミメロン貴味メロンは、青肉種のネットメロン

タカミメロン

概要

財団法人日本園芸生産研究所(園研、現在は公益財団法人園芸植物育種研究所)で1990年(平成2年)に発表された緑肉ネット系ハウスメロン。

特徴

果皮は、深緑色。果肉は、緑色。香りが強く、糖度も高いメロンである。 (アムス×デリシイ)×(台湾導入試作用F₁固定系)の掛け合わせで、片親には過去に園研で育成された有名品種が使われている。 もう片方の親は台湾で改良されたハネデューメロンの一代交配種を素材に使用している。ハネデュー由来の貯蔵性の高さを受け継ぎ、日持ちと食べごろが長続きする(収穫後5日以降7日以上)。ただ一つ、ネットがほかの品種より貧弱で見栄えが悪いのが欠点。

生産

東北より九州地方まで幅広く生産される。

など

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.