ゼネラル・エレクトリック

ゼネラル・エレクトリック英語: General Electric Company、略称: GE)は、アメリカ合衆国を主な拠点とし電気事業をルーツとする多国籍コングロマリット企業である。世界最大のアメリカ合衆国の総合電機メーカー。

ゼネラル・エレクトリック
General Electric Company
種類 株式会社
市場情報
略称 GE
本社所在地 アメリカ合衆国
(〜2016迄)コネチカット州 フェアフィールド イーストン・ターンパイク3135
北緯42度21分07秒 西経71度02分52秒
設立 1892年
業種 重工業軍需産業航空宇宙産業、電気機器、
事業内容 電気機器、機械、軍用機器の製造・販売、金融
代表者 ラリー・カルプ(CEO)
資本金 116,438 Million US$
(2011年12月31日時点)[1]
発行済株式総数 10,591,146 千株
(2011年12月31日時点)[2]
売上高 連結:147,300 Million US$
(2011年12月期)[3]
営業利益 連結:14,074 Million US$
(2011年12月期)[4]
純利益 連結:14,151 Million US$
(2011年12月期)[5]
総資産 連結:717,242 Million US$
(2011年12月末時点)[6]
従業員数 301,000人
(2011年12月末時点)[7]
決算期 12月末日
主要株主 バークレイズ・グローバル・インベスターズ 3.7%
ステート・ストリート・コーポレーション 3.2%
バンガード・グループThe 3.0%
(2007年12月31日現在)
主要子会社 GEキャピタル
GEエナジー
GEテクノロジー・インフラストラクチャ
関係する人物 トーマス・エジソン
外部リンク www.ge.com(英語)
www.ge.com/jp(日本語)

概要

航空機エンジン、医療機器、産業用ソフトウェア、各種センサ、鉄道機器、発電および送電機器(火力発電用ガスタービン、モーター、原子炉[注釈 1])、水処理機器、化学プロセス、鉱山機械、石油・ガス(油田サービス、天然ガス採掘機器、海洋掘削)、家庭用電化製品(LED照明スマートメーター)、金融事業(法人向けファイナンス、不動産ファイナンス、各種リース銀行信販)など幅広い分野でビジネスを行っている。

ダウ平均株価の構成銘柄のうち、1896年5月26日の算出開始時の銘柄中唯一残存していたが、2018年6月26日に業績不振による時価総額の減少のため除外された[8]。欧米と中華人民共和国での特許取得数では世界一である。

長らく世界屈指のコングロマリットとして事業拡大が行われてきたが、2001年にCEOとしてジャック・ウェルチの拡大路線を引き継いだジェフ・イメルトは、主な事業の取捨選択に失敗しており、GEがかつてのITTと同様な道のりをたどるかも知れないという見方も出ている[9]2017年8月1日にCEOに就任したジョン・フラナリー11月13日、事業の絞り込みを行うことを言明。今後、電力、航空機、ヘルスケア以外の事業については、売却などが進められるなど転換期を迎えている[10]

沿革

事業部門・関連会社

ゼネラル・エレクトリック Signa MRI
発電用ガスタービンエンジンLM6000
GE製エンジンF118-GE-100を搭載したB-2
現在の主要事業部門
過去の事業部門
1993年にマーティン・マリエッタに売却された
  • GEインフラストラクチャ
2008年、GEテクノロジー・インフラストラクチャとGEエナジー・インフラストラクチャ(GEエナジー)に分割
2012年、GEアビエーションGEヘルスケアGEトランスポーテーション・システムに分割
2012年、GEエナジー・マネジメント、GEオイル&ガス、GEパワー&ウォーターに分割
  • GEパワー&ウォーター
2017年に水処理事業を売却し、GEパワーとなる
  • GEコンシューマー・プロダクツ(1905年-)
  • GEインダストリアル・システムズ(1930年-)
上記2部門は2004年、GEコンシューマー&インダストリアルGEホーム&ビジネス・ソリューションズ)に合併
2009年、ファナックとの提携を解消しGEインテリジェント・プラットフォームスに。
現在はGEエナジー・マネジメント部門下
現在はGEエナジー・マネジメント部門下
2010年売却
  • GEデジタルエネルギー
現在はGEエナジー・マネジメント部門下
2007-2014年
2016年にハイアールに売却されたが、GEアプライアンス名義のブランドとして販売されている
2014年、Growth and Innovation部門下へ移動。2020年5月27日、サバント・システムズへの売却を発表[36][37]。GEブランドの継続使用のためのライセンス契約が締結される。


日本での事業

  • 日本GE(日本での本社機能・金融サービス・不動産関連事業)
  • GEファナック・インテリジェント・プラットフォームス (制御ソフト関連事業。ファナックとの合弁)
  • GEフィナンシャルサービス (金融サービス事業)
2010年1月 日本GEと合併
現在消費者金融は新生銀行本体が新生銀行カードローン レイクという商品ブランド名で継続している
2011年2月1日設立[38]、2016年8月31日付で合弁解消(全株富士電機に売却)。
GEブランドの光学機器部門の日本法人 アグファブランドも扱っている
東邦生命保険破綻に伴い、その受け皿として設立。後にAIGへ譲渡され「AIGエジソン生命保険」を経て、現在はジブラルタ生命保険に吸収・統合された

関連項目

脚注

注釈

  1. 第二次大戦中、原子爆弾開発プロジェクトである「マンハッタン計画」に参加している。
  2. 後に原子力発電などのコンサルティング業に転換。
  3. テレビVTR部門は3位または4位に甘んじたが、家庭で誰もが日に数時間見る家電はテレビだけで、そこに貼り付けられるロゴが失われること、また米国でほとんど最後となったテレビの生産が失われることから、1987年仏トムソンに売却されるまで維持された。テレビの部品は主に日本で調達、基板への組み上げはシンガポール工場、外枠と最終組立生産は米国工場と分担された。VTRは日本から完成品OEM調達でGEブランドは松下寿電子工業から、RCAブランドは日立製作所であった。また多くのGE製品や技術導入が米国から日本に行われたがテレビ、ラジオ、VTRの部門は大量に日本から米国に向けられた唯一と言ってよい商品分野であった。
  4. 住友化学
  5. IHI
  6. スマートメーター
  7. 現富士電機
  8. のちのビクターエンタテインメント、現在のJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

出典

  1. General Electric>Investor Relations>Financial Reporting>Annual Reports>2011 Annual Report>72P>Statement of Financial Position>Total GE shareowners equity
  2. General Electric>Investor Relations>Financial Reporting>Annual Reports>2011 Annual Report>69P>Selected Financial Data>Common shares outstanding
  3. General Electric>Investor Relations>Financial Reporting>Annual Reports>2011 Annual Report>69P>Selected Financial Data>Revenues
  4. General Electric>Investor Relations>Financial Reporting>Annual Reports>2011 Annual Report>69P>Selected Financial Data>Earnings from continuing operations attributable to the Company
  5. General Electric>Investor Relations>Financial Reporting>Annual Reports>2011 Annual Report>69P>Selected Financial Data>Net earnings attributable to the Company
  6. General Electric>Investor Relations>Financial Reporting>Annual Reports>2011 Annual Report>69P>Selected Financial Data>
  7. General Electric>Investor Relations>Financial Reporting>Annual Reports>2011 Annual Report>69P>Selected Financial Data>Total employees
  8. GE、ダウ平均から除外ドラッグストア大手と交代へ 日本経済新聞 2018年6月20日
  9. What the Hell Happened at GE? (Fortune, May 24, 2018)
  10. 焦点:米GEが「選択と集中」、待ち受ける長く厳しい道のり ロイター通信(2017年11月14日)2017年11月26日閲覧
  11. FAQs: How did the firm impact the advent of electricity?”. J.P. Morgan. 2013年2月3日閲覧。
  12. 西村成弘 国際特許管理契約と日米開戦 ―GEの対日事業と敵産処分― 2010年
  13. 今道潤三 『アメリカのテレビネットワーク 機能と運営』 広図書 1962年 pp.33-34; 即時閲覧用:水野道子 アメリカにおける放送の公共性 放送法の起草過程からの一考察 p.9.
  14. 同社はレイクに社名変更後、2000年にジー・イー・コンシューマー・クレジット(GECC)株式会社となる
  15. 色あせるGEの輝き 金融子会社の不振で経営改革も手詰まり - 日経ビジネスオンライン 2009年4月21日
  16. 米GEを「AAプラス」に格下げ、見通しは安定的=S&P - ロイター 2009年3月13日
  17. http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100122ATGM2203P22012010.html%5B%5D
  18. GE、家電事業のエレクトロラックスへの売却を断念 ”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2015年12月7日). 2016年1月16日閲覧。
  19. 中国ハイアール、米GE家電事業を買収へ-約6400億円で (1)  ”. ブルームバーグ (2016年1月15日). 2016年1月16日閲覧。
  20. 米GEが54億ドルで家電事業売却へ、中国の青島ハイアールと合意 ”. ロイター (2016年1月16日). 2016年1月16日閲覧。
  21. ハイアール、GE家電部門の買収を完了”. CNET Japan (2016年6月7日). 2016年7月8日閲覧。
  22. GEはディジタル時代に即して本社をボストンへ移動(ニューヨーク・タイムズ紙) (英語)
  23. GE to Combine Oil and Gas Business With Baker Hughes”. The Wall Street Journal. 2016年10月31日閲覧。
  24. GEデジタルとSAP、産業IoT(IIoT)分野で提携
  25. 独SAPと米GE、産業用IoTで提携強化 プラットフォーム「標準」狙う
  26. Carlock, Catherine (2017年4月27日). “Why is GE naming its Boston headquarters 'Innovation Point'?”. Boston Business Journal. http://www.bizjournals.com/boston/news/2017/04/27/why-is-ge-naming-its-boston-headquarters.html 2017年4月28日閲覧。
  27. http://www.oedigital.com/component/k2/item/15708-baker-hughes-ge-complete-merger
  28. Editorial, Reuters. ABB buys GE business for $2.6 billion in bet it can boost margins”. 2018年6月20日閲覧。
  29. “GE Power Sells Lucrative Water & Process Technologies Division to SUEZ in $3.4B Deal” (英語). POWER Magazine. (2017年10月2日). http://www.powermag.com/ge-power-sells-lucrative-water-process-technologies-division-to-suez-in-3-4b-deal/ 2018年2月7日閲覧。
  30. Ltd, DVV Media International. Wabtec to merge with GE Transportation”. railwaygazette.com. 2018年6月20日閲覧。
  31. 米GEがダウ平均から外れる、110年ぶり 株価低迷で
  32. 「ダウ平均GE外す」 読売新聞2018年6月21日13版8面
  33. ABB completes acquisition of GE Industrial Solutions (英語). New.abb.com. 2018年7月13日閲覧。
  34. “米GE:1年でトップ交代 後任はダナハー元CEO - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20181002/k00/00m/020/179000c 2018年10月9日閲覧。
  35. Next Stop, Wabtec: GE Completes Spin-Off And Merger Of Its Transportation Unit”. General Electric. 2019年4月28日閲覧。
  36. GE to Sell Lighting Business to Savant Systems, Inc.”. GE (2020年5月27日). 2020年6月2日閲覧。
  37. “創業者エジソンが発明 「祖業」照明を売却 米GE”. 日刊工業新聞: p. 3. (2020年5月29日)
  38. GE、富士電機とメーター事業の合弁会社設立に関する覚書を締結GEと富士電機、国内のメーター事業に関する合弁会社設立契約を締結メーター事業の合弁会社設立時期の決定について

外部リンク

  • General Electricのビジネスデータ:
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.