セレンゲティ国立公園

セレンゲティ国立公園は、タンザニア連合共和国北部のマラ州アルーシャ州シニャンガ州にまたがる、自然保護を目的とした国立公園。アフリカで一番良く知られた国立公園の1つ。1981年ユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録された。セレンゲティとはマサイ語で「果てしなく広がる平原」の意。

セレンゲティ国立公園
タンザニア
ヌーの大群
英名 Serengeti National Park
仏名 Parc national de Serengeti
面積 14,763 km2
登録区分 自然遺産
IUCN分類 II
登録基準 (7),(10)
登録年 1981年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
使用方法・表示

概要

ヴィクトリア湖の東に広がる大サバンナ地帯にある。そのうちの多くが広々とした草原で疎林や低木林がみられる。川や沼、湖もある。平原の所々に岩石が露出している[1]。面積は14,763km2で、四国(18,297.78km2)や関東平野(約17,000km2)の8割程度に及ぶ。国立公園内には、様々な動物が約300万頭生息していると推定されている。

セレンゲティを代表する動物は、ヌーである。生息している動物の約3割がヌーであるといわれている。ヌーは、雨季と乾季で草原を求めて、隣接しているケニア側のマサイマラ国立保護区へと1,500kmの移動を繰り返す。雨季となる12月から6月の間は、地平線をヌーが埋め尽くし、壮観である。

主な生息動物

世界遺産

登録基準

この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

脚注

  1. スチーブン・ジェイ・グールド監修、ロジャー・オズボーン/マイケル・ベントン著、木畑郁生日本語版監修、池田比佐子訳 『進化地図』 河出書房新社 2011年 180ページ

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.