セランゴール州

スランゴール州(スランゴールしゅう、ラテン文字:Selangorジャウィ文字سلاڠور)は、マレーシアの行政区画)の一つである。ローマ字表記につられてセランゴール州などとも記される。

スランゴール州
سلاڠور دار الإحسان
Selangor Darul Ehsan


紋章
標語: 
Kejujuran Dan Ketekunan
Anthem: Duli Yang Maha Mulia
 マレーシア
州都 シャーアラム
王都 クラン
行政
  政党 希望連盟イスラム党
  スルタン Sultan Sharafuddin Idris
  州首相 Tan Sri Abdul Khalid Ibrahim
面積
  合計 7,956km2
人口
(2009)
  合計 5,180,000人
人間開発指数
  HDI (2009) 0.907 ()
郵便番号
40xxx ~ 48xxx
62xxx ~ 64xxx
電話番号 03
ISO 3166コード MY-10
ナンバープレート B
マレー連合州 1895
日本の占領 1942
マラヤ連邦 1948
ウェブサイト http://www.selangor.gov.my

概要

首都クアラルンプールを取り囲んでいる。

中国語では「雪蘭莪」と記す。

州政府の地域行政区分

セランゴール州の行政区分
  1. ゴンバッ郡(Daerah Gombak)
  2. フル・ランガッ郡(Daerah Hulu Langat)
  3. フル・セランゴール郡(Daerah Hulu Selangor)
  4. クラン郡(Daerah Klang)
  5. クアラ・ランガット町(Daerah Kuala Langat)
  6. クアラ・セランゴール郡(Daerah Kuala Selangor)
  7. プタリン郡(Daerah Petaling)
  8. サバッ・ブルナム郡(Daerah Sabak Bernam)
  9. スパン郡(Daerah Sepang)

地方自治体

  • 特別市
  • フル・セランゴール町(Majlis Daerah Hulu Selangor)
  • クアラ・セランゴール町(Majlis Daerah Kuala Selangor)
  • サバッ・ブルナム町(Majlis Daerah Sabak Bernam)
  • フル・ランガッ町(Majlis Daerah Hulu Langat)

経済

金融・サービス業が発達したクアラルンプールに対し、第二次産業を中心とした経済活動が盛んな地域。日系企業も商工業を問わず多く進出している。こういった背景から、マレーシア国内第1位の自動車メーカーであるプロトンや、同じく第2位の自動車メーカーであり、ダイハツ工業との合弁会社であるプロドゥアもセランゴール州に本社を構えている。

首都郊外という立地の良さと、実体経済に支えられた分厚い中流層が多く存在するため、小売業も好調。例えば、イオン系列のショッピングモールとしては東南アジア最大にして世界第3位の規模を誇るイオンブキティンギショッピングセンターもセランゴール州に位置している。

州都(シャー・アラム)では、世界第4番目の大きさを誇るモスク(通称ブルーモスク)を中心とした観光業も盛んである。

歴史

交通

鉄道

KTMコミューターにてクアラルンプールやヌグリ・スンビラン州の州都スレンバンと結ばれている。

バス

州内を網羅している。

船舶

マラッカ海峡に面した場所にあり、マレーシアの貿易上で最重要拠点となっていて世界各地からコンテナ船が集結する。

航空

州南部のセパンにあり、1998年に開港した新しいマレーシアの空の玄関口であり世界中と都市と結ばれている。
KLIA開港まで空の玄関口であった。
クアラルンプールとシャー・アラムとの中間に当たるスバン・ジャヤにあり、2019年現在は、主に国内の地方都市路線や、シンガポールなどの近距離の国際線が運行されている。

その他


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.