スーザン・ヒル

スーザン・ヒル CBESusan Hill, CBE,、1942年2月5日 - )は、イギリスフィクションおよびノンフィクション作家。ヨークシャー州スカボローで生まれた。キングス・カレッジ・ロンドン在学中から執筆を開始。地方紙の編集などの仕事を経て、1968年から本格的な執筆活動を開始。1975年にシェイクスピア学者の夫と結婚し、ストラトフォード・アポン・エイヴォンに住む。1977年に長女が誕生。翌年にオックスフォード近郊の村に移住し、それまで住んでいたイギリス各地の様子をオックスフォードのひとつの村に場所を置き換えてエッセイ風に綴った"The Magic Apple Tree"(邦題『イングランド田園讃歌』)を発表した。

30代後半になって三度の流産を繰り返し、次に生まれた女児も早産で2ヵ月後に死亡する。1985年に三女を出産し、現在は2児の母である。この間の苦悩や葛藤、そして彼女自身の生い立ち書いた『私は産む -愛と喪失の四年間』("Family")は、イギリス国内で反響を呼んだ。現在はコッツウォルズ在住で、自らの出版社を設立し、年に1作のペースで小説を出版している。 2012年、長年にわたる文学への功績が認められ、大英帝国勲章を受賞した[1][2]

邦訳された主な作品

  • "I'm the King of the Castle"(1970年) - 『ぼくはお城の王様だ』高儀進訳 1976年 角川書店、『罪深き天使たち』 1990年 角川書店。幸田敦子訳 2002年 講談社、「城の王」講談社文庫 2018年 - 1971年サマセット・モーム賞受賞。
  • "Strange Meeting"(1971年)- 『奇妙な出会い』高儀進訳 1977年 角川文庫
  • "The Bird of Night"(1972年)- 『スーザンヒル選集 1 君を守って』ヤマダメディカルシェアリング創流社 今泉瑞枝訳 1999年
  • "In the Springtime of the Year"(1973年)- 『スーザンヒル選集 2 その年の春に』ヤマダメディカルシェアリング創流社 近藤いね子訳 2000年
  • "The Magic Apple Tree"(1982年) - 『イングランド田園讃歌』幸田敦子訳 1996年 晶文社
  • "The Woman in Black"(1983年) - 『黒衣の女』ハヤカワ文庫NV 河野一郎訳 1987年 早川書房、『黒衣の女-ある亡霊の物語』新装版 河野一郎訳 2012年 早川書房 - 映画『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』の原作。
  • "Through the Kitchen Window"(1984年) - 『キッチンの窓から』ウィルヘルム菊江訳 1992年 西村書店
  • "Through the Garden Gate"(1986年) - 『庭の小道から』新倉せいこ訳 1992年 西村書店
  • "Shakespeare Country"(1987年)- 『シェイクスピア・カントリー』 佐治多嘉子, 谷上れい子訳 2001年 南雲堂
  • "Lanterns Across the Snow"(1987年)- 『雪のかなたに』野の水生訳 2004年 パロル舎
  • "Family"(1989年) - 『私は産む -愛と喪失の四年間-』幸田敦子訳 1999年 河出書房新社
  • "The Glass Angels"(1991年) - 『ガラスの天使』野の水生訳 2004年 パロル舎
  • "The Various Haunts of Men"(2008年) - 『丘』加藤洋子 訳 2014年 ヴィレッジブックス 上下2巻に分冊

脚注

  1. "No. 60173". The London Gazette (Supplement) (英語). 16 June 2012. p. 7.
  2. CBE”. 2012年6月15日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.