スロバキア

スロバキア共和国(スロバキアきょうわこく、スロバキア語: Slovenská republika)、通称スロバキアは、中央ヨーロッパ共和制国家。首都はブラチスラヴァで、北西にチェコ、北にポーランド、東にウクライナ、南にハンガリー、南西にオーストリアと隣接する。

スロバキア共和国
Slovenská republika
国旗 国章
国の標語:なし
国歌Nad Tatrou sa blýska(スロバキア語)
稲妻がタトラの上を走り去り
公用語 スロバキア語
首都 ブラチスラヴァ
最大の都市 ブラチスラヴァ
政府
大統領 ズザナ・チャプトヴァー
首相 イゴール・マトビッチ
面積
総計 49,036km2126位
水面積率 0.1%
人口
総計(2011年 5,445,000人(106位
人口密度 111人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2018年 902億[1]ユーロ ()
GDP(MER
合計(2018年 1,066億[1]ドル(62位
1人あたり xxxドル
GDP(PPP
合計(2018年 1,913億[1]ドル(69位
1人あたり 35,136[1]ドル
独立1993年1月1日
通貨 ユーロ ()(EUR[2]
時間帯 UTC +1(DST:+2)
ISO 3166-1 SK / SVK
ccTLD .sk
国際電話番号 421[3]
  1. IMF Data and Statistics 2020年5月23日閲覧(
  2. スロバキアのユーロ硬貨も参照。
  3. 1997年まではチェコと共に42。

古代にはサモ王国[注釈 1]623年 - 658年)・モラヴィア王国として独立を保った期間もあったが、この地のスラブ人は1000年間少数民族としてハンガリー王国の支配下に置かれていた。ハンガリーにとっても歴史的に重要な地域であり、多くのハンガリー人の出身地、ハンガリー貴族の発祥地でもある(元来スラブ系で、ハンガリー文化に同化した者も多い)。

第一次世界大戦後、オーストリア・ハンガリー帝国からチェコと合併するかたちで独立し、1989年のビロード革命による共産党政権崩壊を経て、1993年1月1日にチェコスロバキアから分離独立し現在に至る。

国名

正式名称はスロバキア語: Slovenská republika スロバキア語発音: [ˈslovɛnskaː ˈrɛpublɪka] ( 音声ファイル)(スロヴェンスカー・レプブリカ)、通称 Slovensko スロバキア語発音: [ˈslovɛnsko] ( 音声ファイル)(スロヴェンスコ)。

日本語の表記はスロバキア共和国、通称スロバキア。英語表記はSlovakia、国民・形容詞ともSlovak漢字表記斯洛伐克

スロバキアの語源はスラヴ(Slav)であり、これはスロベニアと同じである。そのため類似した国名になっている。

歴史

先史時代

ケルト人ハルシュタット文化を受け入れたイリュリア人と、より古いプロト・スラブ人(イリュリア人系統)のルサチア文化が栄えていたが、鉄器時代末期にウーニェチツェ文化西部群の後継であるラ・テーヌ文化に属するケルト人コティニ人ボイイ族)の侵略によって崩壊し、プコフ文化に転換した。

古代ローマ

1世紀ごろゲルマン人ダキア人が侵略し、ローマ帝国の拡大でプコフ文化が消滅した。マルコマンニ戦争のパンノニア遠征(168年 - 169年)。

民族移動時代

2世紀および3世紀にフン族が、5 - 6世紀ごろにゲルマン人東ゴート人ランゴバルド人ゲピド人ヘルール人)がパンノニア平原に移住してきた。568年にはアヴァール人が占領し、アヴァール可汗国を樹立。623年、スラブ人の反乱が成功してサモ王国623年 - 658年)が樹立された。

大モラヴィア王国

モラヴィア王国の版図(緑、870年)。緑の線がスヴァトプルク1世による最盛期(894年

9世紀に現在のスロバキア、モラヴィアボヘミアシレジア地方に大モラヴィア王国が成立。スロバキアでは大モラヴィア王国がスロバキア人による王国であると主張する者もいるが、歴史学的には証明できる事実ではない。また、この地域のスラブ人が現在のように簡単にチェコ人スロバキア人などというように分類できない面があった。

ハンガリー王国時代

10世紀になるとマジャル人の侵入を受け、ハンガリー王国が成立すると、この地域は北部ハンガリーと呼ばれ、ハンガリーの一地域として扱われるようになる。ただしハンガリーに比べてスラヴ人の多い地域であった。さらにオスマン帝国がハンガリーに侵入すると、王領ハンガリーの一部としてオーストリア大公国の支配を受けるようになり、ブラチスラヴァ(ポジョニー)にハンガリー王国の首都が移され、ハンガリーにとっても北部ハンガリーは重要な地域とみなされるようになった。この首都移転は北部ハンガリーの人口バランスを狂わせるもので、増加したマジャル人に対して北部ハンガリーのスラヴ人の反感は高まった。この時期、チェコはハプスブルク家を皇帝とするドイツ人諸邦連合である神聖ローマ帝国の一員(首都が置かれたことすらある)であったが、スロバキアはハンガリーとともにハプスブルクの支配は受けつつもその枠外とされていた。すなわち、ハプスブルク家は神聖ローマ帝国内(現在のオーストリア、チェコ、北イタリア)と外にまたがって版図を持っていたことになる。

オーストリア帝国時代

19世紀半ば、民族主義の流れによって周辺のスラヴ人がそれぞれクロアチア人(「クロアチアのスラヴ人」から)、ボヘミア人(「ボヘミアのスラヴ人」から)と呼び名を変えていく中で、北部ハンガリーでは自らの地域・北部ハンガリー地域のスラブ語に転化したスロバキアと名づけ、自らをスロバキア人、自分たちが話す言語をスロバキア語であると主張するようになった。またこのころ、勢力の大きいマジャル人に対して、チェコ人(チェック人)とスロバキア人の連合が主張され始めるようになった。

チェコスロバキア独立

オーストリア・ハンガリー二重帝国体制下においてはチェコ、スロバキアはともに連邦国家構想を支持していたが、第一次世界大戦の終了とともにオーストリア・ハンガリー帝国は崩壊した。1918年、独立運動の指導者トマーシュ・マサリクは、チェコスロバキアは民族自決の対象となる単一のチェコスロバキア人国家として独立を宣言した。さらにハンガリーに侵入し、北部ハンガリーのほとんどの地域をハンガリーから収奪した。これが現在のスロバキア国家の基本的な領土となっている。しかしこの行動はハンガリーなどで領土回復運動が高まるきっかけとなった。

スロバキア共和国(1939年 - 1945年)

スロバキア共和国。赤がハンガリーに割譲された地域

共産党体制下のチェコスロバキア(1945年 - 1989年)

共産党体制下のチェコスロバキア

民主化から連邦解体へ(1989年 - 1992年)

スロバキア共和国(1993年 - )

政治

大統領宮殿

スロバキア国民議会で1992年に採択され、翌年1月の連邦制解消とともに発効した新憲法は、スロバキアを議会制民主主義国家と規定している。

国家元首は任期5年の大統領で、現在はアンドレイ・キスカが務める。当初は議会により選出されていたが、1999年に直接選挙による選出となった。

立法府であるスロバキア共和国国民議会は任期4年、定数150の一院制。首相は国民議会の獲得議席数がもっとも多い政党から大統領が指名し、与党が議席の過半数を占めることができない場合は、改めて次点の政党から指名する。

2010年国民議会選挙では、中道左派政党のスメル(方向)・社会民主主義(SMER-SD)が議席数を伸ばして第一党の座を維持した一方、連立を組んでいた民族主義政党のスロバキア国民党(SNS)やポピュリスト政党の人民党・民主スロバキア運動(ĽS-HZDS)が惨敗し、ロベルト・フィツォ連立政権が崩壊。SMER-SD党首のフィツォは選挙後、ガシュパロヴィッチ大統領から最初に首相指名を受けたものの、過半数を占める連立政権を組むことができなかったため、第二党で中道右派政党のスロバキア民主キリスト教連合・民主党(SDKÚ-DS)選挙対策本部長を務めたラジチョヴァーが代わって首相指名を受け、中道右派の自由と連帯(SaS)、キリスト教民主運動(KDH)およびハンガリー人政党のモスト(橋、MOST-HÍD)による連立政権が発足した。

2011年11月の欧州金融安定ファシリティ機能拡充条約批准にSMER-SDが協力した際の合意に基づき、2012年3月に繰り上げ総選挙が実施された。その結果、SMER-SDが単独で議席の過半数を獲得し、政権を奪回。SMER-SD党首のロベルト・フィツォが首相となった。

2019年ズザナ・チャプトヴァーが同国初の女性大統領になる[1]

2020年国民議会選挙では、与党を担っていたスメル(方向)・社会民主主義(SMER-SD)・スロバキア国民党(SNS)・「架け橋」(Most-Hid)が大敗し、中道右派の「普通の人々・独立した人達」(OLaNO)を第1党とする右派連立政権が誕生した。この政権交代は、スメル(方向)・社会民主主義党議員とマフィアの関係を追っていたジャーナリストのヤン・クツィアクが2018年2月に婚約者とともに殺害された事件により、国民の信頼が損なわれたことが背景にある[2]


地方行政区分

図中の番号は本文の括弧内のものと対応する

スロバキアは連邦制解消後の1996年に大規模な地方行政区分の再編が行われ、現在は8つの県[3]Kraj)が設けられている。

スピシュスキー城(スピシュスケー・ポドフラジエ)

第二次世界大戦前のチェコスロバキア時代はkrajより上位のKrajina(州)区分があり、「スロバキア州」(krajina Slovenská)が設けられていた。戦後は6県、のち3県に再編されたあと、ブラチスラヴァ、西部スロバキア、中部スロバキア、東部スロバキアの4県体制が1990年まで続いた。

県の下位には78のOkres(郡)および138のMesto(市)と、4つのVojenský obvod軍区)を含む2,883のObec(村)が設けられている。

主要都市

都市人口(2005)
1ブラチスラヴァブラチスラヴァ県426,091
2コシツェコシツェ県234,596
3プレショフプレショフ県91,650
4ジリナジリナ県85,477
5ニトラニトラ県84,800
6バンスカー・ビストリツァバンスカー・ビストリツァ県81,281
7トルナヴァトルナヴァ県68,292
8マルチンジリナ県59,257
9トレンチーントレンチーン県56,750
10ポプラトプレショフ県55,158

地理

スロバキアの地形図
ゴータトラ山

気候

スロバキアの国土は東西400キロ、南北200キロという比較的小規模なものである。しかしながら、国土面積に比べて気候は変化に富んでいる。基調となっているのは大陸性気候である。首都ブラチスラヴァの位置する西部はケッペンの気候区分でいう西岸海洋性気候(Cfb)、中央部は温暖湿潤気候(Cfa)、東部は湿潤大陸性気候(Dfb)である。ブラチスラヴァの平均気温は-0.7度(1月)、19.1度(7月)。年平均降水量は649ミリである。高度が上がるほど雨量が増し、中央北部のタトラ山地では2,000ミリに達する。

このような気候を受け、国土の3分の1が森林であるほか、ステップ性の草原も残っている。

経済

工業国のチェコに比べ、スロバキアは昔から農業国だったが、最近ではフランスPSA・プジョーシトロエン韓国起亜自動車が工場を設立している。2009年1月1日に通貨をスロバキア・コルナからユーロに切り替えた。

鉱業

スロバキアはマグネシウムを中心とした無機鉱物資源に恵まれている。マグネシウムの産出量は2002年時点で世界第7位、シェア4.5%の50万トン。鉄鉱、金鉱も採掘されている。有機鉱物資源は342万トンの亜炭・褐炭が中心である。ただし、原油の産出量は4.6万トンに留まる。

国民

住民

スロバキアの民族衣装をまとった女性(1920年

2001年の国勢調査による民族構成は、スロバキア人が85.8%、マジャル人が9.7%、ロマが1.7%、チェック人が0.8%である。このほか、チェック人ではなくモラヴィア人シレジア人としてのメンタリティーを持っているもの、ルテニア人ウクライナ人ドイツ人ポーランド人クロアチア人がいるがその総数はおよそ2%である。

現代のスロバキアは比較的均一性の高い国民国家としての性格を有している。ただし現在のような民族構成になったのは第二次世界大戦以降である。スロバキアは歴史的経緯から、マジャール人、ドイツ人ドイツ植民)、ルテニア人(ハンガリー王国に流れ込んだウクライナ人)、ロマ(ジプシー)も多く、入り組んで住んでいた。さらにはユダヤ人コミュニティも多かった。スロバキアのすべての町村にスロバキア語以外にハンガリー語の名称があり、また多くの都市がドイツ語名を持っているのはこのためである。

マジャール人が多いのは、かつてスロバキアが北部ハンガリーとしてハンガリー王国の領域に完全に組み込まれていたためである。スロバキア人は元来山岳民族であり、特にハンガリー平原に連続する南部平地部の住民はほとんどすべてハンガリー系住民であった。またドイツ人については、その移住の時期・理由(植民、鉱山労働、宗教的迫害など)はさまざまである。1919年サン=ジェルマン条約オーストリア・ハンガリー帝国が、1920年のトリアノン条約ハンガリー王国の解体が行われ(この解体に反対するものも多かった(ドナウ連邦構想))、汎スラヴ主義に荷担したスロバキア人はかつての「ハンガリー王国による圧政」への報復として、ハンガリー人・ドイツ人の居住地を大きくえぐり取り、チェコと合併した形で独立を果たした。この過程でマジャール人とドイツ人の一部がスロバキアから追い出されている。以降マジャール人に関してはその後も一定数を占め、現在でもスロバキアにおいてもっとも大きいマイノリティー集団となっている。ドイツ人については最終的に第二次大戦後にそのほとんどが強制的に追放された。ユダヤ人については、ほかの中東欧諸国と同じように、第二次大戦を境にしてコミュニティのほぼすべてが消滅した。

言語

言語はスロバキア語公用語である。また、一部でハンガリー語も使われている。英語は通じないことが多い[4]

宗教

2004年の調査によるとカトリックがもっとも多く60.3%を占める。次いで宗教的メンタリティを持たないものが9.7%、プロテスタントが8.4%、ギリシャ・カトリックが4.1%、東方正教会が4.1%などである。

文化

世界遺産

スロバキア国内には、ユネスコ世界遺産リストに登録された文化遺産が4件、さらにウクライナにまたがって1件の自然遺産、ハンガリーにまたがって1件の自然遺産が存在する。

祝休日

国家祝休日および記念日法(スロバキア共和国国民議会1993年法律第241号)に定める国家の祝日(Štátne sviatky)、国民の休日(Dni pracovného pokoja)は次の通り。

国家の祝日

日付日本語スロバキア語備考
1月1日スロバキア共和国記念日Deň vzniku Slovenskej republikyチェコスロバキア連邦制解消(1993年1月1日)にともなう主権国家スロバキア共和国の誕生を記念
7月5日聖キュリロスと聖メトディオスの日Sviatok svätého Cyrila a svätého Metodaキュリロスメトディオスキリスト教キリル文字をもたらしたことを記念
8月29日スロバキア国民蜂起記念日Výročie Slovenského národného povstania1944年8月29日にナチス・ドイツ傀儡政権(スロバキア共和国)に対して蜂起したスロバキア国民蜂起(SNP)を記念
9月1日憲法記念日Deň Ústavy Slovenskej republiky1992年9月1日のスロバキア共和国憲法制定を記念
11月17日自由と民主主義のための戦いの日Deň boja za slobodu a demokraciu1939年11月17日にナチス・ドイツに抵抗して殺害されたチェコ人学生と、1989年の同日に始まったビロード革命を記念(旧・国際学生記念日)

過去の国家の祝日

  • チェコスロバキア国家独立記念日(Deň vzniku samostatného česko-slovenského štátu)
    10月28日。1918年のチェコスロバキア第一共和国独立を記念。1993年以降、記念日として平日扱いに変更。
  • 和解の日 - 政治的暴力犠牲者追悼の日(Deň zmierenia - Pamiatka obetiam politického násilia)
    11月1日。2回の世界大戦における戦死者を追悼。1990年以降、「諸聖人の日」(Sviatok všetkých svätých)として国民の休日に変更。

国民の休日

日付日本語スロバキア語備考
1月6日公現祭(三賢人の日)Zjavenie Pána (Sviatok Troch kráľov)
3月 - 4月大金曜日(聖金曜日Veľký piatokヴェリュカー・ノッツ(Veľká noc, 復活祭
3月 - 4月復活祭の月曜日Veľkonočný pondelokイースターマンデー(復活祭後最初の月曜日)
5月1日労働の休日Sviatok práceメーデー
5月8日対ファシズム勝利の日Deň víťazstva nad fašizmom1945年5月8日のナチス・ドイツ傀儡政権(スロバキア共和国)降伏と欧州戦線終結を記念
9月15日聖母マリアの日Sedembolestná Panna Mária
11月1日諸聖人の日Sviatok všetkých svätých社会主義時代は「和解の日」(Deň zmierenia)
12月24日豊かな日Štedrý deňクリスマス・イヴ
12月25日第一クリスマス休日prvý sviatok vianočnýクリスマス
12月26日第二クリスマス休日druhý sviatok vianočnýボクシング・デー

記念日

国家祝休日および記念日法に定める記念日(Pamätné dni)は次の通り。平日扱いとなる。

日付日本語スロバキア語備考
3月25日人権のための戦いの日Deň zápasu za ľudské práva1988年にブラチスラヴァ市でカトリック教徒が開いた反体制集会が強制的に排除解散させられた事件を記念
4月13日不当迫害の日Deň nespravodlivo stíhaných1950年チェコスロバキア共産党によって国内の修道院の大半が強制的に廃止された事件を記念
5月4日シュテファーニク追悼記念日Výročie úmrtia M. R. Štefánikaチェコスロバキア独立運動の中心となったスロバキア人軍人ミラン・ラスティスラフ・シュテファーニク(1919年事故死)を記念
6月7日スロバキア民族の覚書記念日Výročie Memoranda národa slovenského1861年にスロバキア人の自治地域を要求してマルチンで宣言された「スロバキア民族の覚書」(Memorandum národa slovenského)を記念
7月5日在外スロバキア人の日Deň zahraničných Slovákov国家祝日の「聖キュリロスと聖メトディオスの日」に合わせ、国外在住のスロバキア人移民をたたえる
7月17日スロバキア共和国独立宣言記念日Výročie deklarácie o zvrchovanosti SR1992年にスロバキア国民議会(現・スロバキア共和国国民議会)が行ったスロバキア共和国の国家主権宣言採択を記念
8月4日マチツァ・スロベンスカーの日Deň Matice Slovenskej1863年マルチンで設立された民族文化団体「マチツァ・スロベンスカー」(Matica slovenská)を記念
9月9日ホロコーストと人種差別暴力犠牲者の日Deň obetí holokaustu a rasového násilia1941年9月にナチス・ドイツが設置したガランタ郡セレジュ市の強制収容所におけるユダヤ人およびスロバキア人の犠牲者を追悼
9月19日スロバキア国民議会の日Deň vzniku Slovenskej národnej radyスロバキア民族の独立を目指して1848年に設立された「スロバキア国民議会」(第一議会)を記念
10月6日デュクラ峠犠牲者の日Deň obetí Dukly1944年にスロバキア解放を目的にスロバキア・ポーランド国境のデュクラ峠でソ連軍が行った対ドイツ戦の犠牲者を追悼
10月27日チェルノヴァーの悲劇の日Deň černovskej tragédie1907年にチェルノヴァー村(現・ルジョムベロク市チェルノヴァー街区)でスロバキア人神父が率いるデモ隊にハンガリー憲兵隊が銃撃し殺害された15人を追悼
10月28日チェコスロバキア国家独立記念日Deň vzniku samostatného česko-slovenského štátu1918年にプラハで行われたチェコスロバキア国家独立宣言を記念。1992年までは国家の祝日
10月29日シュトゥール誕生の日Deň narodenia Ľ. Štúra1843年にスロバキア語の文語を作り普及させた言語学者リュドヴィート・シュトゥールの誕生日を記念
10月31日宗教改革の日Deň reformácie1517年マルティン・ルターがローマ教会の堕落に抗議して95ヶ条の論題を公表したことを記念
12月30日スロバキア教会管区分離の日Deň vyhlásenia Slovenska za samostatnú cirkevnú provinciu1977年にローマ教皇パウロ6世がスロバキアの教会管区昇格を宣言したことを記念

作曲家

オーケストラ

スポーツ

スロバキアではサッカーが国民的スポーツであり、フォルトゥナ・リーガを頂点としたリーグがある。

カヌー競技の強豪として知られており、国際大会で主流の人工コースなど練習環境が充実している。そのため、日本羽根田卓也のように自国から練習拠点を移す選手も多い[4]

このほかにもスキーアイスホッケーなどのウィンタースポーツが盛んである。

ペーター・サガンの活躍から自転車競技熱も高まりつつある。

日本とスロバキアの関係

駐日スロバキア大使館

脚注

注釈

  1. 7世紀の最初のスラブ人の政権のこと。

出典

  1. 京都新聞2019年4月1日朝刊
  2. エッカート・デアシュミット (2020年3月5日). 総選挙で連立与党が大敗、第1党の中道右派政党に組閣を委任へ(スロバキア)”. 独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ). 2020年5月23日閲覧。
  3. 佐藤雪野「増補スロバキア・地方行政」 『東欧を知る辞典』p797、平凡社、2001年
  4. 父に感謝の銅メダル=カヌー初の快挙、羽根田卓也選手〔五輪・カヌー〕:時事ドットコム

参考文献

関連項目

外部リンク

政府
日本政府
観光
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.