スパイダーマン2

2002年に公開された『スパイダーマン』の続編。サム・ライミ監督版スパイダーマン三部作の第2作目となる。最先端のVFXが高く評価され、第77回アカデミー賞において視覚効果賞を受賞した。

スパイダーマン2
Spider-Man 2
監督 サム・ライミ
脚本 アルヴィン・サージェント
原案 アルフレッド・ガフ
マイケル・シェイボン
マイルズ・ミラー
原作 スタン・リー
スティーヴ・ディッコ
製作 アヴィ・アラッド
ローラ・ジスキン
製作総指揮 ジョセフ・M・カラッシオロ
スタン・リー
出演者 トビー・マグワイア
キルスティン・ダンスト
ジェームズ・フランコ
アルフレッド・モリーナ
音楽 ダニー・エルフマン
主題歌 アナ・ジョンソン
「ウィ・アー」
撮影 ビル・ポープ
編集 ボブ・ムラウスキー
製作会社 コロンビア映画
マーベル・エンターテインメント
ローラ・ジスキン・プロダクションズ
配給 SPE/コロンビア映画
SPE
公開 2004年6月30日
2004年7月10日
上映時間 127分(劇場公開版)
136分(エクステンデッド版)
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $200,000,000[1]
興行収入 67億円[2]
$373,585,825[1]
$783,766,341[1]
前作 スパイダーマン
次作 スパイダーマン3

スパイダーマン2』(Spider-Man 2)は、2004年アメリカ映画である。

ストーリー

グリーン・ゴブリンとの死闘から2年。ピーターはスパイダーマンとして日夜悪と闘いながら大学にも通っていた。しかしヒーロー稼業の忙しさゆえに大学(コロンビア大学で物理学専攻)は落第寸前。せっかく見つけたピザ屋のバイトもクビになってしまった。そんな中ピーターは、メイおばさんが開いてくれた誕生パーティーでMJとハリーに久々の再会を果たす。しかしゴブリンの一件以来MJとの距離は広がり、ハリーともどこかぎこちなくなっていた。

ある日、ピーターはハリーの紹介で尊敬する科学者オットー・オクタビアスと出会う。ハリーは父ノーマン亡き後、オズコープ社の社運を賭けた核融合プロジェクトを仕切っており、その中心人物がオクタビアスだったのだ。オクタビアスはピーターを好意的に迎え入れ、科学に寄せる情熱を力説した。妻ロージーとも仲むつまじいオクタビアスは、ピーターにとってまさに理想の存在だった。

翌日。オクタビアスが観衆の前で核融合のデモンストレーションを行う日がやってきた。オクタビアスは脊髄に人工知能を搭載した金属製のアームを直結し、そのアームで人間の入り得ない状況下での実験を披露するという。実験は順調に進んでいったが、実験装置に過負荷がかかり、強力な磁場が発生した。会場は粉々に破壊され、観衆はパニックに。その場に居合わせたピーターがスパイダーマンとして活躍し、最悪の事態は免れたが、ロージーは命を落とし、オクタビアスも意識不明となり病院に運ばれるが、事故で制御チップを失ったアームの人工知能が覚醒し、医師達を虐殺して逃亡。思考をアームに支配されたオクタビアスは「ドック・オク」と化し、実験装置の再建をもくろみ資金調達のため銀行を襲撃する。

一方、ヒーローとしての使命に迷いが生じていたピーターは超人的な力が消え始める。苦悩の末、ピーターは遂にスパイダーマンを引退することを決意する。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ピーター・パーカー / スパイダーマントビー・マグワイア猪野学
メリー・ジェーン・ワトソンキルスティン・ダンスト岡寛恵
ハリー・オズボーンジェームズ・フランコ鉄野正豊
オットー・オクタビアス / ドクター・オクトパスアルフレッド・モリーナ銀河万丈
メイ・パーカーローズマリー・ハリス谷育子
ロージー・オクタビアスドナ・マーフィー高島雅羅
J・ジョナ・ジェイムソンJ・K・シモンズ立川三貴
ジョン・ジェイムソンダニエル・ギリーズ石川禅
Dr.カーティス(カート)・コナーズディラン・ベイカー原康義
ジョセフ・"ロビー"・ロバートソンビル・ナン石住昭彦
ベティ・ブラントエリザベス・バンクス本田貴子
ホフマンテッド・ライミ飛田展男
ベン・パーカークリフ・ロバートソン勝部演之
ノーマン・オズボーン
グリーン・ゴブリン
ウィレム・デフォー山路和弘
スノーティ・アッシャーブルース・キャンベル江原正士
レイモンドダニエル・デイ・キム
Mr.ディコヴィッチエリヤ・バスキン池田勝
アースラ・ディコヴィッチマゲイナ・トーヴァ小林沙苗
アジズ氏アーシフ・マンドヴィ水島裕
路上の男スタン・リー
その他立石凉子
阿部桐子
沢海陽子
大久保祥太郎
藤井ゆりあ
船木真人
宮内敦士
小森創介
小野隆世
上村祐翔
林智恵
魚建
泉久実子
泉裕子
楠大典
青山桐子
多田野曜平
柚木麻友子
清水明彦
金尾哲夫
小林良也
永田博丈
滝沢ロコ
海鋒拓也
村上想太
LiLiCo[3]
DC版追加キャスト湯屋敦子
原田晃
中村浩太郎
大森はじめ
森夏姫
演出岩見純一
翻訳松崎広幸
調整菊池悟史
武田将仁
録音スタジオACスタジオ
制作ACクリエイト

スタッフ

ディレクターズ・カット版DVD

2007年には続編『スパイダーマン3』の公開に併せて、本作に約8分間の未公開映像を追加したディレクターズ・カット版『スパイダーマン2.1』がDVD『スパイダーマン2プラス1 エクステンデッド・エディション』として発売された。

主題歌

地上波放送履歴

回数 テレビ局 番組名 放送日 備考
初回日本テレビ金曜ロードショー2007年4月27日地上波初放送。『スパイダーマン3』公開記念
2回目テレビ朝日日曜洋画劇場2009年3月22日
3回目フジテレビ土曜プレミアム2010年10月16日

ゲーム版

アメリカ合衆国では2004年6月28日にPS2・GBA・GC・Xbox・PC(Windows)版が発売された。後に、DS・PSPでも発売。日本では2004年9月30日にPS2版、2005年1月6日にDS版、2006年10月31日にPSP版がタイトーから発売された。前作とは違い、吹き替えはなし。

映画「スパイダーマン2」に登場する人物
映画には登場しない人物

関連項目

脚注

  1. Spider-Man 2 (2004)”. Box Office Mojo. 2009年9月25日閲覧。
  2. 日本映画産業統計 過去興行収入上位作品 (興収10億円以上番組) 2004年(1月~12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年4月8日閲覧。
  3. 通常版のみの出演

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.