ステイスク

ステイスクロシア語: Сутейск)はキエフ・ルーシ西部のチェルヴェンの諸都市の1つである[1]ポーランド王国との国境に近接する主要都市の1つであった。現存しない。

ステイスクに関する最初の言及は1069年である。いくつかの史料からみて、ステイスクにおいて、キエフ大公ウラジーミル・モノマフとポーランド王国との間での和平条約が結ばれたとみなす説がある[2]

ステイスク城址は、ポーランドルブリン県Sąsiadka村付近にあり、遺構はおよそ3ヘクタールの3つの要塞的区画から成る。またデティネツの南東は堀と防壁で強化されている。居住地からは日用品、装飾品、武器、またヴォルィーニ公ダヴィドの名が刻まれた鉛の印章が出土している。

出典

  1. ЧЕРВЕНСКИЕ ГОРОДА // Русская история
  2. Kutrzebianka Anna. Sąciaska, gród z polsko-ruskiego pogranicza, Sprawozdania Akademii Umiejętności, 1933

参考文献

  • Wartołowska Z. Gród czerwieński Sutejsk na pograniczu polsko-ruskim. — Warszawa, 1958
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.