スティーブ・コースト

スティーブ・コースト英語: Steve Coast1980年12月20日 - )は、オープンストリートマップ(2004年)と[2]CloudMade(2007年)[3]の創設者である。

スティーブ・コースト
Steve Coast
スティーブ・コースト(2009年)
生誕Stephen Coast[1]
(1980-12-20) 1980年12月20日(40歳)
著名な実績OpenStreetMapを創設

経歴

ウルフラム・リサーチインターンとして勤務したのち、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)で計算機科学を勉強した[4]。2006年、ニック・ブラックとともにZXV Ltdという技術コンサルタント企業を立ち上げ、2008年にニコライ・ナイホルムとサンストーン・キャピタルによる投資でCloudMadeに社名変更した[5]。2010年10月にCloudMadeを退職したが[6]、現在も株主である。同年11月23日にマイクロソフトのBing Mobileプリンシパル・アーキテクトに就くことを了承したと発表した[7]

私生活

ロンドンワルダースレイドで育ち、2008年にサンフランシスコに移住したが、2009年末にコロラド州に移住した。妻ハリケーン・コースト(旧姓:マキューエン)[8]と共にデンバーに在住している。2010年11月23日に、自身はシアトルに移住することになると述べている[9]

脚注

  1. OpenStreetMap Foundation filing to Companies House (UK) on 17 September 2008.
  2. Mathieson, S. A. (2006年5月11日). “A sidestep in the right direction”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/technology/2006/may/11/copyright.epublic 2009年9月15日閲覧。
  3. “About CloudMade”. CloudMade. http://cloudmade.com/about 2011年9月2日閲覧。
  4. Gorman, Sean (30 June 2008), Will the Real Steve Coast Please Stand Up?, FortiusOne, http://blog.fortiusone.com/2008/06/30/will-the-real-steve-coast-please-stand-up/ 2009年10月30日閲覧。
  5. Steve Coast - profile, CloudMade, オリジナルの2008年8月2日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080802102515/http://cloudmade.com/team/steve-coast 2010年2月28日閲覧。
  6. I've resigned from CloudMade - SteveC”. Blog.stevecoast.com (2010年10月5日). 2010年12月4日閲覧。
  7. I’m working at Microsoft and we’re donating imagery to OpenStreetMap!, Steve Coast, オリジナルの2010年11月25日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20101125151952/http://blog.stevecoast.com/im-working-at-microsoft-and-were-donating-ima 2010年11月23日閲覧。
  8. Hurricane Coast, LinkedIn, http://www.linkedin.com/in/hurricanemcewen 2010年12月4日閲覧。
  9. I’m working at Microsoft and we’re donating imagery to OpenStreetMap! - SteveC, Blog.stevecoast.com, (23 November 2010), オリジナルの2010年11月25日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20101125151952/http://blog.stevecoast.com/im-working-at-microsoft-and-were-donating-ima 2010年12月4日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.