スダレダイ科

スダレダイ科Drepaneidae)は、スズキ目スズキ亜目に所属する魚類の分類群の一つ。スダレダイ属のみが含まれ、2あるいは3種が所属する[1]

スダレダイ科
ユウダチスダレダイ Drepane punctata
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: スダレダイ科 Drepaneidae
: スダレダイ属 Drepane
英名
Sicklefish
下位分類
本文参照

概要

スダレダイ科の仲間はインド洋・西部太平洋およびアフリカ西部の温暖な海域に分布し、2あるいは3種の海水魚のみを含む小さなグループである。沿岸の浅い海で生活する底生魚で、小型の無脊椎動物を主に捕食する。

本科のアルファベット表記は、かつては「Drepanidae」であった[2]。しかしこの名前はの仲間である「Drepanidae」と同一であったため、学名の命名における先取権の原則に基づき、現行の「Drepaneidae」に変更されている[1]

形態

スダレダイ科の魚類は左右に平べったく側扁し、体高は高い。全長50cmほどにまで成長し、食用として利用されることもある。口を大きく突き出すことができる。

のような形をした長い胸鰭が特徴で、属名(Drepane = ギリシャ語あるいは三日月の意)および英名「Sicklefish」の由来にもなっている[1]背鰭は13-14本の棘条と19-22本の軟条で構成され、臀鰭は3棘17-19軟条。主上顎骨の一部は露出し、椎骨は24個。

分類

スダレダイ科はスダレダイ属1属のみを含み、2あるいは3種で構成される。スダレダイD. longimana)とユウダチスダレダイD. punctata)の鑑別点は斑紋の有無のみであり、両者は同種である可能性がある。本科をスズキ亜目ではなく、ニザダイ亜目に含める見解もある[3]

  • スダレダイ属 Drepane
    • スダレダイ Drepane longimana
    • ユウダチスダレダイ Drepane punctata
    • Drepane africana

出典・脚注

  1. 『Fishes of the World Fourth Edition』 p.378
  2. 『Fishes of the World Third Edition』 p.368
  3. Tang KL, Berendzen PB, Wiley EO, Morrissey JF, Winterbottom R, Johnson GD (1999). “The phylogenetic relationships of the suborder Acanthuroidei (Teleostei: Perciformes) based on molecular and morphological evidence”. Mol Phylogenet Evol 11: 415-425.

参考文献

  • Joseph S. Nelson 『Fishes of the World Fourth Edition』 Wiley & Sons, Inc. 2006年 ISBN 0-471-25031-7
  • Joseph S. Nelson 『Fishes of the World Third Edition』 Wiley & Sons, Inc. 1994年 ISBN 0-471-54713-1

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.