スザンヌ・ヴェガ

スザンヌ・ヴェガ (Suzanne Vega、1959年7月11日 - )は、アメリカ合衆国出身の女性シンガーソングライター

スザンヌ・ヴェガ
Suzanne Vega
ドイツ・ミュンヘン公演 (2014年2月)
基本情報
出生名 Suzanne Nadine Peck
生誕 (1959-07-11) 1959年7月11日(61歳)
カリフォルニア州サンタモニカ
出身地 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク
ジャンル AOR
ソフトロック
フォークソング
インダストリアル
職業 シンガーソングライター
音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカル, ギター
活動期間 1982年 - 現在
レーベル A&Mレコード
ブルーノート・レコード
Amanuensis Productions
公式サイト SuzanneVega.com

代表曲「Luka」らのヒットで知られる、同国を代表するポップシンガーの一人。10代の頃より始めた作詞・文学・演劇を背景に、社会派のアーティストとして非凡な才能を発揮し、数々の賞を獲得している。2008年グラミー賞』受賞[1]

概要・略歴

サンタモニカ生まれで、まもなく母に連れられニューヨークへ移り、多くの社会的問題を抱えた地域で子供時代を送る。本来の姓名はペック(Peck)だったが、母がプエルトリコ系の小説家エドガルド・ヴェガ・ユンケ(Edgardo Vega Yunqué)と再婚したため、以後その姓を名乗るようになる。

9歳の時に詩を書き始め、14歳の時に作詞を始める。その後、ラガーディア高校(Fiorello H. LaGuardia High School of Music & Art and Performing Arts)で、モダンダンスを学び、この時に音楽こそが自分の求めるものだと気づく。1977年に卒業すると、コロンビア大学バーナード・カレッジで英文学を学ぶ傍ら、グリニッジ・ヴィレッジの小さな劇場などに立つ。1984年にレコード会社との契約を結ぶ。

1985年にデビューアルバム『街角の詩』を発表し、その自己内省的かつ社会批判を含んだ曲は、アメリカにおいて好意的な反響を得る。

1987年、2ndアルバム『孤独(ひとり)』を発表。シングルカットした楽曲「Luka」は児童虐待を受ける子供の視点から書かれており、当時のヒットソングとしては、特異な位置を占める。ちなみにこのレコードに含まれる曲「Tom’s diner」は、世界で最初にMP3フォーマットになった曲でもある。このころから彼女のスタイルは、ロックへと近づくことになる。

3rdアルバム『Days of open hand』は、彼女にとって新境地を開かんとするものであった。神秘的シンボリズムと感情の深遠を表現しようとした試みは、非常に実験的な試みであり、彼女の更なるスタイルの変化を表したものであった。同年初来日公演を開催。

1992年、4thアルバム『微熱』では、音楽的にフォークダンスビート、そしてインダストリアルの融合であり、内容的に明るいイメージを伝えており、それ以前のアルバムとは対照的なつくりとなっている。

1996年、5thアルバム『Nine objects of desire』が発表され、『微熱』の曲調を伝えつつも、過去の素朴なスタイルと、さらにボサノバを加えたものとなっている。

2001年夏、6thアルバム『ソングス・イン・レッド・アンド・グレイ』を発表。このアルバムでは、男女の関係が機微に富んだ形で表現され、とりわけ、その関係性の失敗や挫折が主題として前面に来るものの、曲調は高いレベルにおいて再びアコースティックな形へ移行しており、より素朴な形でそのテーマを表現している。

2003年、全米放送業界の最高栄誉『ピーボディ賞』を受賞。

2008年、前年リリースの7thアルバム『ビューティ&クライム』が第50回グラミー賞において最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカル)賞を受賞。自主レーベル「Amanuensis Productions」を設立し、旧譜のリメイク作業に着手する(後の『Close-Up』シリーズ)。同年来日公演を開催。

2010年、セルフ・カヴァーのアコースティック企画アルバム『Close-Up』シリーズのリリース開始[2]

2012年、ビルボードライブにて来日[3]、および2013年フジロックフェスティバル」に出演。

2014年、7年ぶりの8thアルバム『Tales from the Realm of the Queen of Pen』を発表[4]。同年来日公演を開催。

2016年、女流作家カーソン・マッカラーズに捧げた9hアルバム『Lover, Beloved』を発表[5]

ディスコグラフィ

オリジナル・アルバム
Close-Upシリーズ
  • 2010年 Close-Up Vol. 1, Love Songs
  • 2010年 Close-Up Vol. 2, People & Places
  • 2011年 Close-Up Vol. 3, States of Being
  • 2012年 Close-Up Vol. 4, Songs of Family
  • 2014年 Close-Up Series
コンピレーション
  • 1998年 『ベスト・オブ・スザンヌ・ヴェガ』 - Tried & True: The Best of Suzanne Vega (A&M)
  • 2003年 『レトロスペクティヴ』 - Retrospective: The Best of Suzanne Vega

日本公演

3月23日 東京郵便貯金会館、渋谷公会堂 9月14日 東京厚生年金会館
1月22日 心斎橋クラブクアトロ、23日 名古屋クラブクアトロ、24日 東京国際フォーラム・ホールC
1月21日 ビルボードライブ大阪、1月23日 ビルボードライブ東京
フジロックフェスティバル(苗場スキー場)
4月7日 EXシアター六本木、4月9日 梅田クラブクアトロ

脚注

  1. 性別がなければよかった…グラミー賞歌手が“女性でいる難しさ”告白”. シネマトゥデイ (2017年3月16日). 2017年12月3日閲覧。
  2. スザンヌ・ヴェガ 『ペンタクルの女王の物語』インタビュー”. Billboard JAPAN (2014年2月5日). 2017年12月3日閲覧。
  3. Suzanne Vega(スザンヌ・ヴェガ)、東阪で4年ぶりの来日公演決定”. Musicman-net (2011年11月16日). 2017年12月3日閲覧。
  4. スザンヌ・ヴェガ、7年振りのニュー・アルバム”. TOWER RECORDS (2014年1月8日). 2017年12月3日閲覧。
  5. スザンヌ・ヴェガ、女流作家カーソン・マッカラーズにインスパイアされた新作をリリース”. CDjournal (2016年9月6日). 2017年12月3日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.