スコポラミン

スコポラミン: scopolamine)はトロパンアルカロイドムスカリン受容体拮抗薬の一種。ヒヨスチン (hyoscine)ともいう。アセチルコリンムスカリン受容体への結合を競合的に阻害することによって抗コリン作用を有する。これにより副交感神経系の抑制を来し、瞳孔括約筋の弛緩による散瞳眼圧の上昇、レンズ調節の麻痺、心拍数の上昇、消化管の緊張や運動の抑制などを引き起こす。

スコポラミン
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • US: C
    法的規制
    投与方法 経皮、眼、経口、皮下、静脈内、舌下、直腸、口腔内投与、筋肉内
    薬物動態データ
    生物学的利用能10 - 50%[1]
    半減期4.5時間[1]
    識別
    CAS番号
    51-34-3
    ATCコード A04AD01 (WHO) N05CM05 (WHO), S01FA02 (WHO)
    PubChem CID: 5184
    DrugBank DB00747
    ChemSpider 10194106 
    UNII DL48G20X8X 
    KEGG D00138
    化学的データ
    化学式C17H21NO4
    分子量303.353 g/mol
    ブスコパン注射液

    医療用途

    日本の承認医薬品ブチルスコポラミン臭化物(製品名:ブスコパン)は、ドイツのベーリンガーインゲルハイムによって1940年代後半に合成・開発された鎮痙剤である。発現率1%以上の副作用は、口渇が9.4%、便秘が4.4%、眼の調節障害が1.7%、心悸亢進が1.4%である。過量投与によってせん妄や血圧上昇などを引き起こす可能性がある。有効成分の規制区分は毒薬である[2]

    ブチルスコポラミン臭化物[3]は、消化管の運動を抑制するので、消化管のX線及び内視鏡検査の前処置、消化管の疼痛時の鎮痙によく使われる[4]。また尿路結石に伴う疼痛に対して尿管を拡張させる目的でも用いられる。

    禁忌や慎重投与

    眼内圧を上昇させるため緑内障患者での使用は禁忌。前立腺肥大による尿閉を悪化させるので、高齢男性への投与は慎重投与[4]出血性大腸炎などへの投与も禁忌となっている[4]

    精神作用

    ヒトを対象としたスコポラミン投与試験で、言語エピソード記憶意味記憶などの記憶障害、注意検査におけるパフォーマンス低下などの認知障害を引き起こすことが示されている[5][6]。また、スコポラミン投与による記憶障害のモデル動物が広く使用されている。

    そのためスコポラミンはデートレイプドラッグとしても知られる[7][8][9][10][11]

    ブチルスコポラミン臭化物のバイオアベイラビリティは1%未満で、体内に吸収されるのはごく一部である。血液脳関門(BBB)の通過性については、ラットのデータでは中枢神経系(CNS)へほとんど移行しないことが示されている[2]。通常の治療用量では精神面への影響は出現せず、頭痛、頭重感、眠気、めまいが数パーセント程度見られるだけである。むしろ緑内障や前立腺肥大の存在や、ショックなどが問題になる[4]

    スコポラミンは、大うつ病性障害双極性障害抑うつに対する抗うつ薬として研究されている[12][13][14][15][16][17][18][19][20]。単極性および双極性の抑うつに対し、スコポラミンは効果的な抗うつ薬であり、最初の投与の3日後から迅速に作用する、と結論付けたシステマティックレビューがある[21]

    出典

    1. Putcha L, Cintrón NM, Tsui J, Vanderploeg JM, Kramer WG (June 1989). “Pharmacokinetics and oral bioavailability of scopolamine in normal subjects”. Pharm. Res. 6 (6): 481–5. doi:10.1023/A:1015916423156. PMID 2762223.
    2. ブチルスコポラミン臭化物(ブスコパン)インタビューフォーム 2017年7月(改訂第5版) - サノフィ株式会社
    3. 胃腸鎮痛鎮痙薬 ブスコパンA錠 - エスエス製薬
    4. ブスコパン 添付文書 2016年11月15日閲覧
    5. “Effects of acute doses of oxiracetam in the scopolamine model of human amnesia”. Psychopharmacology (Berl.) 110 (4): 421–6. (1993). PMID 7870912.
    6. “Caffeine attenuates scopolamine-induced memory impairment in humans”. Psychopharmacology (Berl.) 122 (2): 158–68. (1995). PMID 8848531.
    7. World's deadliest date rape drug DEVIL'S BREATH reaches UK and costs just £11 (2017-12-26) - en:Daily Star (United Kingdom)
    8. Devil's Breath: Dangerous date rape drug reached UK, can be bought online for only £11 (2017-12-26) - en:International Business Times
    9. Actor Robert Lindsay's warning after friend's daughter has 'deadly date rape drug blown in face outside nightclub' (2017-11-23) - デイリー・ミラー
    10. VOODOO DRUG What is Devil’s Breath, what are the side effects, what is scopolamine used to treat and how can it be abused as a date rape drug? (2017-11-24) - en:The Sun (United Kingdom)
    11. Date rape devil dust alert for clubbers (2017-11-24) - en:Metro (British newspaper)
    12. “Vesicular glutamate transporter 1 (VGLUT1)-mediated glutamate release and membrane GluA1 activation is involved in the rapid antidepressant-like effects of scopolamine in mice”. Neuropharmacology 131: 209–222. (2017-12). doi:10.1016/j.neuropharm.2017.12.028. PMID 29274366. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0028390817306251.
    13. “Drug repurposing may generate novel approaches to treating depression”. J. Pharm. Pharmacol 69 (11): 1428–1436. (2017-11). doi:10.1111/jphp.12815. PMID 28925030. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jphp.12815/abstract.
    14. “Identifying fast-onset antidepressants using rodent models”. Mol. Psychiatry 22 (5): 656–665. (2017-05). doi:10.1038/mp.2017.36. PMID 28322276. https://www.nature.com/articles/mp201736.
    15. “Interest of scopolamine as a treatment of major depressive disorder”. Encephale 42 (6): 568–573. (2016-12). doi:10.1016/j.encep.2016.06.002. PMID 27623122. http://www.masson.fr/masson/S0013-7006(16)30135-X.
    16. “GABA interneurons mediate the rapid antidepressant-like effects of scopolamine”. J. Clin. Invest. 126 (7): 2482–94. (2016-07). doi:10.1172/JCI85033. PMC: 4922686. PMID 27270172. https://doi.org/10.1172/JCI85033.
    17. “Molecular and Cellular Mechanisms of Rapid-Acting Antidepressants Ketamine and Scopolamine”. Curr Neuropharmacol 15 (1): 11–20. (2017). doi:10.2174/1570159X14666160309114549. PMC: 5327447. PMID 26955968. https://www.eurekaselect.com/140313/article.
    18. “Emerging treatment mechanisms for depression: focus on glutamate and synaptic plasticity”. Drug Discov. Today 21 (3): 454–64. (2016). doi:10.1016/j.drudis.2016.01.016. PMC: 4803609. PMID 26854424. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S1359-6446(16)30024-1.
    19. “New targets for rapid antidepressant action”. Prog. Neurobiol. 152: 21–37. (2017). doi:10.1016/j.pneurobio.2015.12.001. PMID 26724279. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0301-0082(15)30038-1.
    20. “Antidepressant effects of the muscarinic cholinergic receptor antagonist scopolamine: a review”. Biol. Psychiatry 73 (12): 1156–63. (2013). doi:10.1016/j.biopsych.2012.09.031. PMC: 4131859. PMID 23200525. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0006-3223(12)00891-8.
    21. “Scopolamine as an antidepressant: a systematic review”. Clin Neuropharmacol 36 (1): 24–6. (2013). doi:10.1097/WNF.0b013e318278b703. PMID 23334071. https://insights.ovid.com/pubmed?pmid=23334071.

    参考文献

    • 伊藤勝昭ほか編集 『新獣医薬理学 第二版』 近代出版 2004年 ISBN 4874021018

    関連項目

    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.