スクテラリン

スクテラリン(Scutelarin、EC 3.4.21.60)は、以下の化学反応触媒する酵素である[1][2]

プロトロンビンArg-Thr及びArg-Ile結合を選択的に切断し、トロンビンと2つの不活性断片を生成する。
スクテラリン
識別子
EC番号 3.4.21.60
CAS登録番号 93389-45-8
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum

この酵素は、タイパンの毒から単離された。

出典

  1. Walker, F.J., Owen, W.G. and Esmon, C.T. (1980). “Characterization of the prothrombin activator from the venom of Oxyuranus scutellatus scutellatus (taipan venom)”. Biochemistry 19: 1020-1023. PMID 6986908.
  2. Speijer, H., Govers-Reimslag, J.W., Zwaal, R.F. and Rosing, J. (1986). “Prothrombin activation by an activator from the venom of Oxyuranus scutellatus (taipan snake)”. J. Biol. Chem. 261: 13258-13267. PMID 3531198.

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.