スエズ湾

スエズ湾(スエズわん、アラビア語خليج السويس、Khalyj as-Suways)は、紅海の北端に位置し、東のアカバ湾と共に西からシナイ半島を挟んでいるである。アフリカアジアの大陸の境界は、スエズ湾の中央線上とされている。長さ314km、幅最大32km。水深は最大でも18m。

スペースシャトルSTS-40で北向きに撮影したシナイ半島の写真。西(左)にあるのがスエズ湾、東(右)にあるのがアカバ湾
スエズ湾の北端にあるスエズの地図。1856年

スエズ湾は、2800万年前にできた比較的新しいリフト盆地である。アフリカ大陸から伸びた大地溝帯が紅海をつくり、さらにスエズ湾とアカバ湾に分かれたと考えられている。この割れ目はアカバ湾からさらに死海へと続く。湾の入り口から北北西に延びた終端には、エジプトスエズ市スエズ運河の入り口がある。湾の入り口付近に古いジェムサ油田・ガス田があるほか、湾内には多数の油田が分布する。

範囲

国際水路機関はアデン湾の境界を以下のように定めている。[1]

  • 南:ムハンマド岬 (27°43'N) からシャドワン島南端 (34°02'E) を結び、それから西へ緯線 (27°27'N) に沿って伸びる線。

脚注

  1. Limits of Oceans and Seas, 3rd edition”. International Hydrographic Organization (1953年). 2018年1月1日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.