ジョージ・ガブリエル・ストークス

初代准男爵サー・ジョージ・ガブリエル・ストークスSir George Gabriel Stokes, 1st Baronet, 1819年8月13日 - 1903年2月1日)は、アイルランド数学者物理学者である。牧師の家に生まれ、成長した彼は流体力学光学数学などの分野で重要な貢献をした。1851年王立協会のフェローに選出され、1885年から1890年まで会長を務めた[1]1849年から死去する1903年まで、ルーカス教授職も務めている。

ジョージ・ガブリエル・ストークス
生誕 (1819-08-13) 1819年8月13日
アイルランド スクリーン (アイルランドの地名)
死没 (1903-02-01) 1903年2月1日(83歳没)
グレートブリテン及びアイルランド連合王国 イングランド ケンブリッジ
国籍 アイルランド
研究分野 数学
流体力学
光学
プロジェクト:人物伝

業績

ストークスの名前を冠した事柄にはつぎのようなものがある。

ストークス石Stokesiteというカルシウムを含むケイ酸塩鉱物は彼の名前に由来するものである。

脚注

  1. "Stokes; Sir; George Gabriel (1819 - 1903)". Record (英語). The Royal Society. 2011年12月11日閲覧
  2. この定理はウィリアム・トムソンが最初と言われており、次の事などからそれが判る。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.