ジョゼフ・コンラッド

ジョゼフ・コンラッド英語: Joseph Conrad, 1857年12月3日 - 1924年8月3日)は、ポーランド出身のイギリス小説家ジョウゼフ・コンラッドとも表記される。海洋文学で知られ、作品には『闇の奥』、『ロード・ジム』、『ナーシサス号の黒人』、『文化果つるところ』、『密偵』などがある。本名はユゼフ・テオドル・コンラト・コジェニョフスキ(Józef Teodor Konrad Korzeniowski)。

ジョゼフ・コンラッド
Joseph Conrad
誕生 1857年12月3日
ロシア帝国キエフ郡ベルディチュフ
死没 1924年8月3日
イギリス
イングランドケント州ビショップスボーン
職業 作家
国籍 イギリス
主題 小説随筆
代表作闇の奥』、『ロード・ジム』、『密偵』
デビュー作 『オールメイヤーの愚行』
ウィキポータル 文学
シュラフタとしてのコジェニョフスキ家の家紋。「ナウェンチ(Nałęcz)紋章」と呼ばれる。

生涯

父アポロ・コジェニョフスキ(1820–1869)

生い立ち

ロシア帝国キエフ県ベルディチフ(現ウクライナジトーミル州[1]に、没落したシュラフタ(ポーランド貴族)の小地主であった父アポロ・コジェニョフスキと母エヴァの子として生まれる。コジェニョフスキはロシア統治下のポーランドで独立運動を指揮していたが、コンラッドが4歳の時に摘発されて投獄、翌年に一家は北部ロシアのヴォログダへの流刑に処せられる。1863年に一家はウクライナのチェルニーヒウに移されるが、そこでエヴァは結核にかかり、1865年に帰省先の所領地で死亡した。コジェニョフスキは文学研究者でもあり、フランス文学イギリス文学にも造詣が深く、愛国的な詩や戯曲の執筆・出版も行なっていた。幼少期のコンラッドは父の影響によりシェイクスピアディケンズユゴー、ポーランドの古典などに親しみ、フランス語も習い、海洋文学に感化された。1868年には母方のボブロフスキ家の尽力により流刑が解かれ、西ウクライナのルヴフに移ることを許可されたが、結核を患っていた父はその翌年クラクフに移った直後に死去。コンラッドは母方の伯父であるタデウシュ・ボブロフスキに引き取られて、この地で祖母と暮らしながら家庭教師による教育を受けた[2]

ポーランドワルシャワの目抜き通りである新世界通りの47番。コンラッドは1861年、3歳のとき両親とともにここに住んでいた。[3][4]

船員時代

コンラッドは1873年にルヴフのギムナジウムに通うようになり早熟さを発揮したが、16歳になった翌年、健康上の理由で進級できず、伯父に船乗りになりたいという希望を伝えた。伯父は甥を思いとどまらせようと、家庭教師とともにイタリアスイスなどを巡る旅行にも送り出したが、コンラッドの意思は固く、旅先のマルセイユでフランス商船の船員となった。西インド諸島マルチニックなどへ航海し、時にはコロンビアベネズエラへの密輸にも手を染めた。その後密貿易への投資話に騙されたあげく、モンテカルロで賭博に手を出して一文無しとなり、1878年にマルセイユで拳銃自殺を図った[2]。回顧録によれば、コンラッドの乗る船は武器密輸や国家間の政治的陰謀にも関わっていたという。1878年、20歳になると流刑囚の子に課されるロシアの兵役を忌避したと見なされ、フランス船の乗船免許を取り消される。以後は英国船に乗船勤務し英語を学び、マルタ島イスタンブールアゾフ海などを経て、イギリス本土のサフォーク州ロースロフトに着き、石炭運搬船に乗り込み、ついでシドニーなどへ航行したのち、ロンドンの訓練学校に通って二等航海士の資格を得て、インド、シンガポールなどに航行する[2]。この時に得た見聞が、後のコンラッドの小説に大きな影響を及ぼした。経験を積んで1884年には一等航海士の試験に合格。1886年には船長試験に合格し、イギリス国籍も取得して、ジョゼフ・コンラッドと改名した。

1889年に帰国し『オルメイヤーの阿房宮』の執筆を始める。当時デイヴィッド・リヴィングストンヘンリー・モートン・スタンリーなどの探検記により、世間のアフリカへの注目が集まると、1890年にベルギーの象牙採取会社の船長となり、コンゴ川就航船に乗り[5]、さらに陸路でレオポルドヴィル(キンシャサ)まで行き、船を乗り継いでキサンガニに到達する。その後病に倒れ、1891年にブリュッセル経由でロンドンに戻った。またこの年には痛風神経痛による右手の痛み、マラリアの再発のために数ヶ月入院し、伯父のアドバイスに従ってスイスの温泉で療養した[6]。その後はイギリスとオーストラリアを往復する旅客船に乗ったり、船員以外の仕事をしていた。なお、1893年にオーストラリアとニュージーランドから戻る船には、二名の若いイギリス人、のちに作家となるジョン・ゴールズワージーとエドワード・ランスロット・サンダーソンが乗っており、二人はコンラッドにとって船員以外での最初のイギリス人の友人となった。因みに、ゴールズワージーの習作「The Doldrums」の主人公はコンラッドがモデルとなっている。

作家活動

1894年に擱筆した処女小説『オルメイヤーの阿房宮』は、批評家エドワード・ガーネットの推薦により、1895年に出版された。これはマレーシアを舞台とした物語で、英語によって書かれている。コンラッドは幼少から青年期にかけて、ロシア語ポーランド語フランス語を習得していたものの、最後に学んだ英語によって小説を書き上げたことは特筆される。この小説は好評をもって受け入れられ、文学者たちとの交流も始まった。1896年には16歳年下のイギリス人女性ジョシー・ジョージと結婚、ケント州に居住し、ボリスとジョンの二人の息子をもうけた[6]。そして『オルメイヤーの阿房宮』と、第2作『文化果つるところ』によって、コンラッドはエキゾチックな舞台でのロマンチックな語り手と見なされるようになった。

1899年、『闇の奥』(Heart Of Darkness)を発表した。西洋文化の暗い側面を描写したこの小説は、英国船時代にアフリカ・コンゴ川で得た経験を元に書かれたもので、T・S・エリオット荒地』、ユージン・オニール『皇帝ジョーンズ』、F・スコット・フィッツジェラルドグレート・ギャツビー』、ジョージ・オーウェル1984年』などにも影響を及ぼした。この作品は、1940年にオーソン・ウェルズが映画化の構想を練ったが実現せず、1979年になってフランシス・フォード・コッポラの翻案により『地獄の黙示録』として映画化された。1900年、小説『ロード・ジム』(Lord Jim)を発表した。この小説は、コンラッドの代表作の一つとされる。1925年(米、監督ヴィクター・フレミング)と1965年(米、監督リチャード・ブルックス)に映画化されている。

コンラッドは南米の架空の国を舞台とした政治小説の大作『ノストローモ』の執筆後に体調を崩し、1906年に南フランスのモンペリエに転地療養中、1894年に起きたグリニッジ天文台爆破未遂事件に関心を持ち、テロリストを題材にした小説『密偵』の執筆を始める。フォード・マドックス・フォード邸やゴールズワージー邸などを転々としながら1907年に完成、アメリカの週刊誌『リッジウェイズ』に連載された[7]。1921年には自ら四幕ものの戯曲に改作している。『西欧人の眼に』執筆後の1910年にも、心身の衰弱により数ヶ月間病床に伏した[8]。1912年に『チャンス』がアメリカの『ニューヨーク・ヘラルド』紙に連載されて広く人気を得るようになり、ベストセラー作家となった[9]

1914年に滞在したザコパネのヴィラ・コンスタンティヌフスカ

晩年

1914年にコンラッド夫妻と二人の息子はポーランドを訪問し、オーストリア=ハンガリー帝国下のクラクフに滞在した。しかし第一次世界大戦が勃発したため、リゾート地のザコパネに移り、いとこのアニエラ・ザゴルスカ(Aniela Zagórska)の経営するペンションに滞在した。ここには政治家のユゼフ・ピウスツキや、ピアニストのアルトゥール・ルービンシュタインなども出入りしており、ザゴルスカは、ザコパネに疎開していた作家のステファン・ジェロムスキ、Tadeusz Nalepiński、人類学者ブロニスワフ・マリノフスキなどにコンラッドを紹介した[6]。コンラッド一家は11月にイギリスに帰国。いとこの娘で同名の翻訳家、アニエラ・ザゴルスカ(コンラッドの姪)はその後1923-39年にコンラッドの作品をポーランド語で翻訳紹介した。

1919年と1922年には、ヨーロッパの作家、批評家の間で、コンラッドへのノーベル文学賞の授賞を望む声が上がっていた[6]。1919年には個人全集の刊行が始まり、新作として1870年代におけるスペインの第三次カルリスタ戦争下での王位継承権を巡る争いを舞台にしたロマンス『黄金の矢』を書くが、高い評価は得られなかった。1923年にはアメリカへ宣伝旅行に出かけ[8]、1924年にはラムゼイ・マクドナルド首相よりナイトの称号を打診されたが辞退した(これ以前にもコンラッドはケンブリッジ大学ダラム大学エディンバラ大学リヴァプール大学イェール大学からの名誉学位を断っている)[6]

1924年、コンラッドはケント州のビショップバーン心臓発作によりこの世を去った。遺体は本名のユゼフ・コジェニョフスキの名でカンタベリーの墓地に埋葬された。墓碑には、コンラッドの最後の長編小説『The Rover』の巻頭に掲げられた、エドマンド・スペンサー妖精の女王』からの引用文が刻まれている。

Sleep after toyle, port after stormie seas,
Ease after warre, death after life, doth greatly please
カンタベリーにあるコンラッドの墓地

コンラッドの死から12年後、1936年に妻ジェシーが死去し、同じ墓地に葬られた。墓所は1996年にイギリス指定建造物2級に指定された[10]

生前のコンラッドはエドワーディアンの作家の中で、アーノルド・ベネットH.G.ウェルズジョン・ゴールズワージーとともにビッグフォーと呼ばれていたが、むしろアジアインド洋などのエキゾチックな異国の風物や、海の冒険を描く海洋文学作家と見なされていた。

今日では、コンラッドはチャールズ・ディケンズフョードル・ドストエフスキーに代表される古典的小説と、モダニズム小説の中庸的存在として位置づけられる。ただしコンラッド自身は、イワン・ツルゲーネフを除いてロシア文学にはあまり良い印象を持っていなかったことが知られている。

作品

作風

タイム』誌1923年4月7日号表紙

コンラッドは、イギリス国内の出来事よりも、洋上や異国の地について書くことが多かった。エッセイ『海の鏡』が出版された時、フランス語翻訳者に送った手紙で「批評家たちは私への褒め言葉を浴びせるが、"地上でなく外海にいることだ"というささやきが私の耳に聞こえる、彼らは私を海の真ん中に追放したいのだ」、と書いている[6]

コンラッドの作品には、彼自身の経験の他に、過去及びその当時広く知られている事件や文学作品に基づいたものも多い。『ロード・ジム』の前半部は、1880年の蒸気船ジェッダ号沈没事件を題材にしており[11]、後半部はボルネオ島サラワク王国の王となったジェームズ・ブルックの生涯を基にしている[12]。 1904年発表の『ノストローモ』は、コンラッドがメキシコ湾上で耳にした、銀の大規模盗難事件にヒントを得ており[11]、また政治的には当時計画進行中のパナマ運河をめぐるアメリカコロンビアの関係を背景にしている[13]。『西欧人の眼に』では、1904年のロシア帝国内相ヴャチェスラフ・プレーヴェ暗殺がモデルとされている[11]

登場する人物の多くは、彼が実際に会った実在の人物をモデルにしている。『オルメイヤーの阿房宮』に登場する”William Charles Olmeijer”も、コンラッドがボルネオで訪問したことのある人物だ[11]。『台風』の”Captain McWhirr”、『青春』の”Captain Beard”と”Mr. Mahon”、『陰影線』の”Captain Ellis”などでも実在の人物の名前を借りている。

コンラッドは日記をつけたことはなく、ノートも持つことはなかったと語ったが、リチャード・カールがコンゴでのコンラッドの経験を記した日記を編集して没後刊行し、1978年にはより完全な版が出版された[14][15]

ジェイコブ・エプスタイン作コンラッドの胸像(1924年)(ロンドン・ナショナル・ポートレート・ギャラリー所蔵)

評価と影響

没後の1940年代から1950年代に再評価が進み、F・R・リーヴィスの『偉大なる伝統』(1948)により、従来の海洋小説だけでなく、政治小説も注目され、ジェイン・オースティンジョージ・エリオットチャールズ・ディケンズヘンリー・ジェイムズと並び、イギリス小説史の伝統を担う作家として評されるようになった[16]。このリーヴィスの影響力は大きかったが、第二次世界大戦後、複雑な利害関係の絡む国際政治の実情や、ソビエト連邦の内情が明らかになるにつれ、革命によって荒廃した架空の国家を描く『ノストローモ』、無政府主義者の跋扈するロンドンを描く『密偵』、ロシア人や亡命者たちの複雑怪奇な社会を描く『西欧人の眼に』などの政治小説に、世界に対するコンラッドの先見性が指摘されるようになった[17]

1978年にナイジェリアの作家チヌア・アチェベは、『闇の奥』にはアフリカ人の内面が描かれておらず、人種差別主義的であると批判し、それまで19世紀末においてヨーロッパの植民地支配の本質を見抜いていたと評価されていたコンラッドの西欧人としての限界がさまざまに論考されるようになった。1998年には南アフリカ共和国でコンラッド国際学会が開かれた。また2001年の911事件以降には、テロリストを描いた『密偵』について言及されることが多くなっている。[2] 批評家のテリー・イーグルトンは著書『人生の意味』(2007年)で、コンラッドを人生には意味がないことに矛盾を見出すモダニズム作家と位置づけた。柴田元幸は、人生に意味がないことを承知の上で戯れるユーモアをコンラッドに認め、ポストモダニズムを予見していたと評している[18]

コンラッドの影響を受けた作家は多数にわたる。F・スコット・フィッツジェラルドはコンラッドを文学上の師として、しばしば『ナーシサス号の黒人』の序文などを引用した。アーネスト・ヘミングウェイはコンラッドに敬意を抱いていた。ウィリアム・フォークナーは何度も読み返す作家としてディケンズとコンラッドを挙げている。T.S.エリオットは『荒地』の初稿の題辞に『闇の奥』の中のセリフを引用した。グレアム・グリーンは影響を受けることを恐れて、コンラッドの作品を読まないことを自らに課したとされる。イタロ・カルヴィーノの大学卒業論文はコンラッド論だった。[18]

主な著作

長篇小説

短篇小説

  • Youth, 1898年
    • Youth and Two Other Stories, 1902年
  • Tales of Unrest, 1898年(「文明の前哨地点」「The Idiots」「The Lagoon」「An Outpost of Progress」「The Return」「Karain: A Memory」)
  • Typhoon, 1902年
    • Typhoon; and Other Stories, 1903年(「エイミー・フォスター」「Falk」「To-morrow」)
  • A Set of Six, 1908年(「ガスパール・ルイス」「無政府主義者」「伯爵」「密告者」「The Brute」「The Duel: A Military Story」)
  • The secret sharer, 1910年、「秘密の共有者(同居人)」
  • Twixt Land and Sea, 1912年(「秘密の同居人」「A Smile of Fortune」「Freya of the Seven Isles」)
  • Tales of Hearsay, 1925年(没後刊行、「プリンス・ローマン」「ある船の話」「The Black Mate」「The Warrior's Soul」)
日本語版短篇集
  • 初訳版『颱風』 三宅幾三郎訳、岩波書店、1937年[21]/『青春・台風』 田中西二郎訳、新潮文庫
  • 『コンラッド中短篇小説集』 篠田一士編 全3巻、人文書院、1983年
    1. 「潟」土岐恒二訳 「進歩の前哨基地」田中昌太郎訳 「闇の奥」中野好夫訳 「エイミー・フォスター」虎岩正純訳
    2. 「青春」土岐恒二訳 「颱風」沼沢洽治訳 「ガスパール・ルイス」鈴木建三訳
    3. 「内通者」神山栄真訳 「伯爵」中野好夫訳 「秘密の共有者」小池滋[22] 「プリンス・ローマン」鈴木建三訳 「ドルがあったばかりに」「武人の魂」野崎孝
  • 『コンラッド短篇集』 中島賢二編訳、岩波文庫、2005年
    「エイミー・フォスター」「ガスパール・ルイス」「無政府主義者」「密告者」「伯爵」「武人の魂」を収録。
  • 『コンラッド短篇集』 井上義夫編訳、ちくま文庫、2010年
    「文明の前哨地点」「秘密の同居人」「密告者」「プリンス・ローマン」「ある船の話」を収録。
  • 『コンラッド海洋小説傑作集』 奥村透訳、あぽろん社、1980年
    「カレイン―ひとつの想い出」 「フォーク―ある回想」 「秘密の共有者」
  • 『青春・無政府主義者・密告者・ドルゆえに』 鏡味国彦仁木勝治訳、文化書房博文社、1976年
  • 『七つ島のフレイアさん』 瀬藤芳房訳、旺史社、2000年
  • 『諜報員・無政府主義者・伯爵・ドルゆえに・武人の魂』 白井俊隆・間杉貞訳、英宝社〈英米名作ライブラリー〉、1968年
  • 『潟(ラグーン)・エイミィ・フォスター』 佐伯彰一増田義郎訳、英宝社〈英米名作ライブラリー〉、新版1978年

エッセイ

  • Autocracy and War, 1905年
  • The Mirror of the Sea, 1906年
  • A Personal Record, 1912年
    • 『コンラッド自伝 個人的記録』 木宮直仁訳、鳥影社、1994年
  • The First News, 1918年
  • The Lesson of the Collision: A monograph upon the loss of the "Empress of Ireland", 1919年
  • The Polish Question, 1919年
  • The Shock of War, 1919年
  • Notes on Life and Letters, 1921年
    • 抜粋訳『ジョウゼフ・コンラッド書簡選集 生身の人間像を求めて』 外狩章夫編訳、北星堂書店 2000年
  • Notes on My Books, 1921年
  • Last Essays, 1926年(リチャード・カール編)
  • The Congo Diary and Other Uncollected Pieces, 1978年(Zdzisław Najder編)
グディニャの錨形の記念碑

記念

  • ポーランドのバルト海沿岸のグディニャには、錨の形の記念碑があり、『ロード・ジム』2章の言葉「There is nothing more enticing, disenchanting, and enslaving than the life at sea(海の暮らしほど誘惑的で、迷いを解いてくれて、人を虜にするものは他にないのだから。[23])」がポーランド語で刻まれている。
  • オーストラリア・シドニーサーキュラー・キー埠頭の「作家の舗道」には、1879-92年にコンラッドがオーストラリアに来訪したことを記念した額があり、「Many of his works reflect his 'affection for that young continent.(彼の業績は若い大陸への愛情を示している)」と書かれている。[24]
  • サンフランシスコでは1979年に、フィッシャーマンズワーフ近くのコロンバス・アベニューとビーチ・ストリートの間の小さな三角形の公園は、「ジョセフ・コンラッド・スクエア」と名付けられた。これはコンラッドの『闇の奥』を基にしたフランシス・コッポラの映画『地獄の黙示録』が公開された年に付けられた。
ヴォログダに建てられた記念碑

原作作品

映画

テレビドラマ

  1. 人口の大半はウクライナ人だったが、歴史的経緯から土地はポーランドのシュフラタがその多くを所有していた。
  2. 『コンラッド短篇集』ちくま文庫 2010年(井上義夫「訳者解説」)
  3. この建物はもとフレデリック・ショパンの妹イザベラが夫フェリックス・バルチンスキと共に所有していたもので、コンラッドが越してくる17年前の1844年にはショパンの父親ニコラ・ショパンがここで他界している。バルチンスキ家は1850年にこの物件を売却。2011年現在は、ネスレのコーヒー店舗ネスプレッソ・ブティックやバイオ・医療関係の企業の事務所が入居している。
  4. http://www.nespresso.com
  5. 『闇の奥』岩波文庫 1958年(中野好夫 あとがき)
  6. Najder, Zdzisław (2007). Joseph Conrad: A Life. Camden House. ISBN 978-1-57113-347-2.
  7. 『密偵』岩波文庫 1990年(作者ノート)
  8. 『ロード・ジム 池澤夏樹=個人編集 世界文学全集Ⅲ-03』河出書房新社 2011年(高畑悠介「年譜」)
  9. 『青春・台風』新潮文庫 1967年(田中西二郎「解説」)
  10. Good Stuff. Canterbury City Cemetery: Joseph Conrad Memorial, Canterbury, Kent. www.britishlistedbuildings.co.uk.
  11. Stewart, J. I. M (1968) Joseph Conrad. Longman London; 1st Edition.
  12. Conrad, Joseph; Cedric Thomas Watts (ed.) (7 November 2000). Lord Jim. Broadview Press. pp. 13–14, 389–402. ISBN 978-1-55111-172-8. Retrieved 26 May 2012.
  13. Colm Tóibín, "The Heart of Conrad" (review of Maya Jasanoff, The Dawn Watch: Joseph Conrad in a Global World, Penguin, 375 pp.), The New York Review of Books, vol. LXV, no. 3 (22 February 2018), pp. 10–11.
  14. Galsworthy, John (1928). "Reminiscences of Conrad: 1924". Castles in Spain & Other Screeds. Heinemann. p. 93. ISBN 978-1-4097-2485-8.
  15. Rachael Langford; Russell West (1999). Marginal voices, marginal forms: diaries in European literature and history. Rodopi. p. 107. ISBN 978-90-420-0437-5. Retrieved 13 April 2011.
  16. 『コンラッド短篇集』岩波文庫、2005年(中島賢二「解説」)
  17. 『西欧人の眼に』岩波文庫 1999年(中島賢二「解説」)
  18. 『ロード・ジム 池澤夏樹=個人編集 世界文学全集Ⅲ-03』河出書房新社 2011年(柴田元幸「解説」)
  19. 解説末尾に、詳細な訳書一覧を記載している。
  20. 元版は「世界文学全集」集英社、1970年
  21. 新潮文庫で再刊、1951年
  22. 小池滋訳は、他に『秘密をともにする者』中央公論社〈世界の文学53 「イギリス・アメリカ名作集」〉所収、1966年
  23. 柴田元幸訳(『ロード・ジム 池澤夏樹=個人編集 世界文学全集Ⅲ-03』河出書房新社 2011年)
  24. Archived copy”. 2009年1月1日閲覧。

参考文献

  • 『20世紀英米文学案内3 コンラッド』 研究社、1971年
  • クリス・フレッチャー 『ジョウゼフ・コンラッド 図説』 外狩章夫訳、〈シリーズ作家の生涯〉ミュージアム図書、2002年
  • 藤永茂『「闇の奥」の奥-コンラッド・植民地主義・アフリカの重荷』 三交社、2006年
  • J・H・ステイプ編著 『コンラッド文学案内』 社本雅信監訳・日本コンラッド協会訳、研究社、2012年

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.