ジャック・ウェリー

ジャック・ウェリー(Jacques Wély、本名、André-Jacques Marie Videcoq-Wély 、1873年5月26日 - 1910年6月18日)はフランスベル・エポック時代のイラストレーター、画家である。多くの雑誌に挿絵を描いた。

ジャック・ウェリー
Jacques Wély
ジャック・ウェリー作「オーディション」(1907)
生誕1873年5月26日
フランス,パリ
死没1910年6月18日
フランス,ムードン

略歴

パリ19区 で、商売人の息子に生まれた[1]。中国で商売を試みた後、1896年に「Made」のペンネームでイラストを発表し、もう一人のイラストレータ、ジョルジュ・ドーラ(Georges Dola:本名Edmond Vernier、1872-1950)と知り合い、共同で「Madola」のペンネームでリトグラフの作品を制作する工房を立ち上げた。1897年から1904年の間はジャック・ウェリーのペンネームで単独で作品を発表した。パリの楽譜出版社のEnoch社のための楽譜の表紙絵を多く描いた。同じ頃、絵入りの風刺雑誌や新聞に挿絵やカリカチュアを描いた。ウェリが挿絵を描いた出版物には「La Vie parisienne」、「La caricature」、「 Cocorico」、「 Femina」、「 Comœdia」、「 Je sais tout」、「ル・リール」などがあった。風刺画家の協会の1909年の展覧会、サロン・ド・ウモリステ(Salon des humoristes)には12点の絵画も出展した。

国民美術協会の会員でもあり、ガッシュを使って、人物画や静物画も描いた。絵画のスタイルはポスト印象派に通じるものがあった。

1908年にモンフォール=ラモーリーにスタジオを開いたが、結核に罹患していて、1910年に,ムードンの自宅で37歳で死去した[2]

作品

脚注

参考文献

  • Marcus Osterwalder, Dictionnaire des illustrateurs (1890-1945), tome 2, p. 1246.
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.