ジカウイルス

ジカウイルスZika virus)は、フラビウイルス科フラビウイルス属に属する+鎖のRNAウイルスの1種である[1]1947年ウガンダにあるジカ森アカゲザルから初めて分離された[2][3]

ジカウイルス
CDCによるジカウイルスの電子顕微鏡写真。
分類
レルム : リボウィリア Riboviria
: オルトルナウイルス界 Orthornavirae
: キトリノウイルス門 Kitrinoviricota
: フラスウイルス綱 Flasuviricetes
: アマリロウイルス目 Amarillovirales
: フラビウイルス科 Flaviviridae
: フラビウイルス属 Flavivirus
: ジカウイルス Zika virus

概要

2016年までの発生地域

ジカウイルスに感染することで引き起こされる症状はアフリカからアジアにかけての赤道付近の限られた緯度の範囲で1950年代から知られており、ジカウイルス感染症またはジカ熱(以下この記事においてジカ熱という)と呼ばれる。

症状

脚注

  1. Virus Taxonomy: 2019 Release”. 国際ウイルス分類委員会 (ICTV). 2020年10月23日閲覧。
  2. ジカ熱について”. 福岡県保健環境研究所. 2016年1月29日閲覧。
  3. ジカウイルス感染症(ジカ熱)のリスクアセスメント (PDF)”. 国立感染症研究所 (2016年1月20日). 2016年1月29日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.