シャッダ

シャッダアラビア語شدة)とはアラビア文字における発音記号であるシャクルのひとつ。子音の重複をあらわす。字義は「激しさ」。

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(アラビア文字)が含まれています。
ّ
シャッダ
ダイアクリティカルマーク
アキュート
´
ダブルアキュート
˝
グレイヴ
`
ダブルグレイヴ
 ̏
ブレーヴェ
˘
倒置ブレーヴェ
 ̑
ハーチェク
ˇ
セディーユ
¸
サーカムフレックス
ˆ
トレマ / ウムラウト
¨
チルダ
˜
ドット符号
˙
フック
 ̡
フック符号
 ̉
ホーン符号
 ̛
マクロン
¯
オゴネク
˛
リング符号
˚
ストローク符号
̸
コンマアバブ
ʻ
コンマビロー
,
非ラテン文字
シャクル 
シャッダ
 ّ
キリル文字 
ティトロ
 ҃
ヘブライ文字 
ニクダー
 ִ
ブラーフミー系文字 
アヌスヴァーラ
 
ヴィラーマ
 
日本語 
濁点
半濁点
環境により表示できない文字があります
テンプレートを表示

「シャッダ」と同じ語源を持つタシュディード(アラビア語: تشديد)という名称で呼ばれることもある。ペルシア語ウルドゥー語ではこちらの名前で呼ばれるのが普通である。

解説

ويكيبيديا(ウィキペディア)にシャクルを振った綴りの例

文字の上にwのような記号を書いて記す。

アラビア語の発音性格上、語中の文字にしか付かない。 ا は音を持たないのでシャッダの付くことはない。声門閉鎖音が連続する発音も存在しないため ء にも付かない。ただし الله のようにシャッダの上に小アリフの付くことはある。

شدة の字義は「激しさ」であり、その名が窺わせるように多くの場合は促音になるが ي にシャッダのあるときはīyという発音になる。一般に語中におけるハムザの付かない ي に続く文字が、同じくハムザのない ا か、もしくはター・マルブータであるとき、この ي にはシャッダとカスラが付き、全体として-īyaという発音になる。たとえば「ウィキペディア」は ويكيبيديا と綴るが、この最後の ي がシャッダ化され、綴りの上での読みはwīkībīdīyaとなる。本項冒頭に掲げた図を参照。

また م もしくは ن にあるときは母音価のない当該子音にさらに当該子音が続く発音となる。シャクルの「 شدة (シャッダ)」は د にシャッダが振られた発音であり、「 ضمة (ダンマ)」は م に振られた発音である。前者では促音となり、後者は母音価の無いmの発音に続いてター・マルブータのa母音を持つm音がきている。

スクーンの付いた ن で終わる単語に ـي または ـني もしくは ـنا の接続人称代名詞が付く場合、その ن をシャッダ化させた上で人称代名詞の ن を取り除く。従って لكن に接続人称代名詞 ـي が付くならば لكني になり、読みはlākin'nīとなる。

定冠詞 الـ に続く語が太陽文字ではじまるとき、定冠詞 الـ の ل は子音無声化され、それに続く文字はシャッダ化する。従って定冠詞に続く語が ل ではじまる場合、定冠詞の ل は発音しないがこれに続く名詞語頭の ل はシャッダ化して読むということが起きる。

スクーンであることも含めてそれぞれの子音を区切って発音する場合はシャッダを用いずハルフ(文字)を続けて綴る。従って、語根が2字である、いわゆるダブル動詞はシャッダが付くが、たとえば مر の完了形1人称または2人称単数である مررت を完了形3人称女性単数の مرت と同じく綴ることはできない。

他のシャクルと重ねて記す場合は、カスラを除き、シャッダの上にそのシャクルを書く。また、通常カスラは文字の下に書くが、シャッダと重なるときは文字の上、シャッダの下に書く。

シャッダを各種ハラカと重ねて記述する場合
ダンマとシャッダカスラとシャッダファトハとシャッダ






なお、コンピュータ上でのシャクルの重ね書きはフォントがサポートしている場合としていない場合があるが、後者ではそのまま記号が重なってしまったり、ハルフに続いて空白の上に打たれてしまうことがある。

符号位置

記号UnicodeJIS X 0213文字参照名称
ّU+0651-ّ
ّ
shaddah

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.