シブースト

シブースト (フランス語: chiboust) とは、クレーム・シブースト (crème chiboust) を用いた、フランス発祥のケーキの1種である。フィユタージュ(折りたたんだパイ生地)にリンゴ、クリーム・シブーストを重ねて、上面をキャラメリゼして作られる[1][2]

クレーム・シブースト

クレーム・シブーストは、カスタードクリームゼラチンイタリアンメレンゲを混ぜて作ったクリームである。1840年頃、パリのサントノーレ通りに菓子店を開いていた菓子職人シブースト、あるいはその弟子のオーギュスト・ジュリアンが考案したと言われる。シブースト(ケーキ)以外には、サントノーレというお菓子にも使われるため、クレーム・サントノーレとも呼ばれる[3]

脚注

出典

  1. 辻調おいしいネット. シブースト”. 2013年4月15日閲覧。
  2. お菓子の由来物語 P.160
  3. お菓子の由来物語 P.67

参考文献

  • 猫井登『お菓子の由来物語』幻冬舎、2008年9月。ISBN 978-4779003165。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.