シフォン

シフォン (フランス語: chiffon) は、織物の一種。フランス語の原義はぼろ布雑巾であるが、服飾用語としては、薄く柔らかい織物、またはそれを使った衣類の装飾のことである。絹モスリンとも[1][2]

シフォンとレースモーニングガウンをまとったリリアン・ギッシュ(1922年)

本来は、片糸撚り生糸を荒い平織りにした絹織物である。広義のシフォンには、レーヨンナイロンなどの化学繊維を使ったもの、メリヤスに編んだものなど、さまざまなものがある。

柔らかいものは婦人用ベール肩掛け、夏用の衣類や帽子の装飾などに使われる。ややしっかりしたものは、ドレスブラウススカーフなどにも使われる。

脚注・参照

  1. kotobank>デジタル大辞泉
  2. 広辞苑第五版、1998年、岩波書店

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.