シナイ山

シナイ山(シナイざん、シナイさん、ヘブライ語הר סיני Hár Sinái、アラビア語جبل موسى Jabal Mūsā英語:Mount Sinai)は、シナイ半島にある、モーセから十戒を授かったとされる場所[1]ホレブ山Horeb)とも呼ばれる[2]

シナイ山(ジェベル・ムーサー)山頂
シナイ山(ジェベル・ムーサー)の位置

聖書のシナイ山の正確な場所は定かではないが、アラブ人がジェベル・ムーサーあるいはムーサー山(Jabal Mūsā、アラビア語で「モーセ山」の意)と呼ぶシナイ半島南部の山(標高2,285m)に古くから比定され、アブラハムの宗教によって神聖視されている。ジェベル・ムーサーにはモーセに関わる伝承を持つ泉や岩が数多く存在し、土地の人々の信仰の対象となっている。3世紀には聖カタリナ修道院が建設された[3]

一方、ジェベル・ムーサー近辺には聖書の描写に合致するような広大な平原[4]が存在しないこと、エジプトからパレスチナへの通り道としては南すぎる、などの理由から、近年一部の聖書学者たちは、その北側のラス・サフサファ(Ras Safsafeh / Sufsafeh)をシナイ山と同定している

他方、ロン・ワイアットは、ミデヤンの地をアラビア半島北西部とし、シナイ山(ホレブ山)を、同地のラウズ山(Jabal Al-Lawz ヤベル・エル-ローズ 標高2,580m)に比定している。エジプト第1王朝以来、シナイ半島はエジプト王国の領域であり、出エジプトというからにはシナイ半島を出なければならず、モーセが割って渡った海も、紅海ではなくアカバ湾(の浅い部分)であったとしている。アカバ湾を渡れば、目指すミデヤンの地もラウズ山もすぐである。

白川義員版の「世界百名山」は原則的に高山が選出されるが、その人類の精神史との重要な関わり、信仰の対象から例外的に選考されている。リストでは最も標高の低い山であり、次いで北朝鮮の白頭山(2744m)である。

脚注

  1. 出エジプト記』 24:12, 31:18
  2. 『出エジプト記』 3:12, 3:1
  3. 池上英洋『西洋美術史入門』筑摩書房、2012年、38頁。ISBN 978-4-480-68876-7。
  4. 『出エジプト記』 12:37, 19:2

関連項目

  • 聖書アラビア起源説

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.