サーラコーポレーション

株式会社サーラコーポレーション: SALA CORPORATION)は、愛知県豊橋市に本社を置く企業で、サーラグループの中核となる持株会社

株式会社サーラコーポレーション
SALA CORPORATION
本社の入居するサーラタワー(2017年9月)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2734
2002年4月30日上場
名証1部 2734
2002年4月30日上場
本社所在地 日本
440-8531
愛知県豊橋市駅前大通1丁目55番地
サーラタワー9階
設立 2002年5月1日
業種 小売業
法人番号 3180301008069
事業内容 子会社の管理運営(純粋持株会社
代表者 代表取締役社長神野吾郎
代表取締役専務松井和彦
資本金 80億25百万円(2019年11月30日現在)[1]
発行済株式総数 6,604万1,147株[1]
売上高 連結 2,138億00百万円
(2019年11月期)[1]
純資産 連結 596億67百万円
(2019年11月期)[1]
総資産 連結 1,951億17百万円
(2019年11月期)[1]
従業員数 連結 3,899名(2018年11月30日現在)[1]
決算期 11月30日
主要株主 サーラコーポレーション従業員持株会 6.11%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)5.03%
三井住友信託銀行株式会社 4.42%
株式会社三菱UFJ銀行 3.92%
株式会社静岡銀行 3.30%
ガステックサービス共栄会 3.07%
野村信託銀行株式会社(サーラコーポレーション従業員持株会専用信託口) 2.96%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口4) 2.44%
株式会社三井住友銀行 2.14%
株式会社みずほ銀行 1.97%
(2018年11月30日現在)
主要子会社 関連会社の項目を参照
関係する人物 神野信郎(サーラグループ名誉顧問)
外部リンク https://www.sala.jp/ (日本語)

2002年5月1日ガステックサービス株式会社株式会社中部、新協オートサービス株式会社(現:サーラカーズジャパン)の共同持株会社として設立され[2]、2016年7月1日、上場会社であった中部瓦斯株式会社サーラ住宅株式会社株式交換により完全子会社化した。

社名のサーラとは「Space」・「Art」・「Living」・「Amenity」の頭文字をとったもので、「生活空間をより美しく快適に」という意味が込められている[2]

沿革

  • 2002年
  • 2003年
    • 12月 - サーラ物流株式会社設立
    • 12月 - サーラフィナンシャルサービス株式会社の株式を取得
    • 12月 - 株式会社サーラビジネスソリューションズの株式を取得
  • 2008年
    • 8月 - ガステックサービス株式会社が豊橋駅前に複合型商業施設「ココラフロント」をオープン
    • 8月 - 新協オートサービス株式会社がサーラカーズジャパン株式会社に商号変更
    • 8月 - ガステックサービス株式会社、サーラカーズジャパン株式会社とともに本社事務所をココラフロント内のサーラタワーに移転
    • 9月 - ガステックサービス株式会社がココラフロント内に「ホテルアークリッシュ豊橋」をオープン
  • 2009年
    • 7月 - ガステックサービス株式会社がグッドライフサーラ関東株式会社の株式を取得
  • 2011年
    • 7月 - 株式会社中部が株式会社鈴木組の株式を取得
    • 9月 - 子会社の中部クレジット販売株式会社が同じく子会社のサーラフィナンシャルサービス株式会社を吸収合併し、サーラフィナンシャルサービス株式会社に商号変更[3]
  • 2012年
    • 4月 - ガステックサービス株式会社の関東支社をグッドライフサーラ関東株式会社へ統合
  • 2014年
    • 4月 - サーラの水株式会社を設立
  • 2016年
    • 7月1日 - 中部瓦斯株式会社および株式会社サーラ住宅を株式交換により完全子会社化[4]
  • 2019年
    • 1月8日 - 浜松市とネーミングライツパートナー契約を締結し、浜北平口スポーツ施設の命名権を取得。同年4月1日から2024年3月31日までの5年間、浜北総合体育館浜北平口サッカー場、浜北温水プールの愛称をそれぞれ「サーラグリーンアリーナ」、「サーラグリーンフィールド」、「サーラグリーンアクア」とする[5]
    • 6月6日 - 連結子会社のサーラ住宅株式会社が、株式会社宮下工務店の株式を取得し、子(孫)会社化[6]
    • 7月5日 - 連結子会社である株式会社エス・アール・ピーの解散清算取締役会において決議[7]
    • 12月1日
      • サーラグループのエネルギー事業を再編[8][9][10][11]
        • 1.中部瓦斯株式会社が、ガステックサービス株式会社(特定子会社)を吸収合併し、サーラエナジー株式会社へ商号変更
        • 2.中部瓦斯株式会社を分割会社として完全子会社として新設するサーラE&L東三河株式会社、サーラE&L浜松株式会社、サーラE&L名古屋株式会社及びサーラE&L静岡株式会社を承継会社とする吸収分割
        • 3.株式会社ガスリビング浜松西部が、株式会社ガスリビング中部、株式会社ガスリビング浜松北部及びサーラガス磐田株式会社を吸収合併し、サーラE&Lサポート株式会社へ商号変更

主な関連会社

脚注

  1. 有価証券報告書-第14期(平成26年12月1日-平成27年11月30日)”. EDINET. 2016年4月9日閲覧。
  2. 株式会社サーラコーポレーションの設立について (PDF)”. 株式会社サーラコーポレーション (2002年5月1日). 2016年4月9日閲覧。
  3. 連結子会社の吸収合併および商号の変更に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社サーラコーポレーション (2011年7月6日). 2016年4月9日閲覧。
  4. 株式会社サーラコーポレーションによる中部瓦斯株式会社及びサーラ住宅株式会社 の完全子会社化に関する株式交換契約締結のお知らせ (PDF)”. 株式会社サーラコーポレーション (2016年4月6日). 2016年4月9日閲覧。
  5. 浜松市「浜北平口スポーツ施設」におけるネーミングライツパートナー契約の締結について (PDF)”. 株式会社サーラコーポレーション (2019年1月8日). 2019年3月22日閲覧。
  6. 当社連結子会社による株式取得(孫会社化)に関するお知らせ”. 株式会社サーラコーポレーション. 2019年6月6日閲覧。
  7. 連結子会社の解散及び清算に関するお知らせ”. 株式会社サーラコーポレーション. 2019年7月6日閲覧。
  8. 当社完全子会社間の吸収合併(簡易合併)及び吸収分割(簡易吸収分割)に関するお知らせ”. サーラコーポレーション. 2019年4月20日閲覧。
  9. サーラグループのエネルギー事業再編について”. サーラコーポレーション. 2019年4月20日閲覧。
  10. エネルギー事業における組織再編の完了及び商号変更に関するお知らせ”. 株式会社サーラコーポレーション. 2019年12月9日閲覧。
  11. 当社連結子会社4社間の吸収合併及び商号変更に関するお知らせ”. 株式会社サーラコーポレーション. 2019年7月6日閲覧。

関連項目

外部リンク


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.