サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂(伊:Basilica di San Paolo fuori le mura 英:Basilica of Saint Paul Outside the Walls)はローマにあるカトリック教会大聖堂

ローマの五大バジリカ(他の四つはサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂サン・ピエトロ大聖堂サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂サン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂)の一つ。名称は「城壁外の聖パウロ大聖堂」の意味である。

コンスタンティヌス1世により聖パウロの墓を祀る聖堂としてつくられたもの。386年テオドシウス1世によって大規模に建設される。最も古い記録は、コンスタンティヌス1世時の4世紀初頭の小さなメモリアであり、「殉教者たる使徒パウロ」という銘文が大理石版に記されている。1823年7月15日に火災で大部分を焼失するが、その後再建される[1][2]

脚注

  1. ST PAUL OUTSIDE-THE-WALLS”. Basilica Papale San Paolo fuori le mura. 2020年7月14日閲覧。
  2. 中島智章『世界で一番美しい天井装飾』エクスナレッジ、2015年5月31日、72頁。ISBN 978-4767820026。

関連項目

ギャラリー

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.