サンセリフ

サンセリフ: Sans-serif)とは、セリフのない書体 (フォント) の総称である。セリフとは、文字の線の端につけられる線・飾りで、「うろこ」、「ひげ飾り」、「ひげ」とも呼ばれる。旧来のセリフのついた活字書体(セリフ体・ローマン体とも呼ぶ)と区別するために用いられる用語。「サン」とは、フランス語で「〜のない」という意味で、「セリフのない書体」を表している。グロテスク体とも呼ばれる。

サンセリフフォント
セリフフォント
セリフフォント
(赤い部分がセリフ)

このような「うろこ」のない書体のことを日本ではゴシック体とも呼ぶが、本来ゴシック体とはサンセリフ体ではなくブラックレターのことを指す。

分類

グロテスク・サンセリフ (Grotesque Sans-Serif)

グロテスク・サンセリフの一例 (Akzidenz-Grotesk)

最初期のグロテスク体のデザイン。例えば以下のような書体がある。

  • アクチデンツ・グロテスク (Akzidenz Grotesk)
  • フランクリン・ゴシック (Franklin Gothic)

リアリスト・サンセリフ (Realist Sans-Serif)

リアリスト・サンセリフの一例 (Helvetica)

ネオ・グロテスク体(Neo-grotesque Sans-Serif)あるいはトランジショナル体(Transitional Sans-Serif)ともいう。例えば以下のような書体がある。

ヒューマニスト・サンセリフ (Humanist Sans-Serif)

ヒューマニスト・サンセリフの一例 (Frutiger)

旧来のローマン体の骨格を残した、人間味のあるサンセリフ体を指す。ヒューマニスティック・サンセリフ(Humanistic Sans-Serif)ともいう。例えば以下のような書体がある。

ジオメトリック・サンセリフ (Geometric Sans-Serif)

ジオメトリック・サンセリフの一例 (Futura)
直線や円弧など、幾何学的な図形により骨格が形成されているサンセリフ体を指す。例えば以下のような書体がある。
  • エルバー (Erbar)
  • フーツラ (Futura)
  • アベニール (Avenir)
  • アヴァンギャルド (Avant Garde)
  • ゴッサム (Gotham)

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.