サッカーペルー代表

サッカーペルー代表西: Selección de fútbol de Perú)は、ペルーサッカー連盟(FPF)によって編成されるペルーサッカーのナショナルチームである。ホームスタジアムは首都リマにあるエスタディオ・ナシオナル

サッカーペルー代表
国または地域 ペルー
協会 ペルーサッカー連盟
愛称 La Blanquirroja
La Rojiblanca
La Bicolor
Los Incas
監督 リカルド・ガレカ
最多出場選手 ロベルト・パラシオス(128試合)
最多得点選手 パオロ・ゲレーロ(37得点)
初の国際試合 1927年11月1日ウルグアイ
0-4
最大差勝利試合 1938年8月11日エクアドル
9-1
最大差敗戦試合 1997年6月26日ブラジル
0-7
FIFAワールドカップ
出場回数 5回(初出場は1930
最高成績 ベスト8 (1970, 1978)
コパ・アメリカ
出場回数 28回
最高成績 優勝 (1939,1975)

歴史

ペルーのサッカーは第1回大会の出場国の中では最も長く、FIFAワールドカップ本大会出場から遠ざかっていた国でもあった。

その後は本大会に出場しなかったが、テオフィロ・クビジャスらを擁するなどして1970年メキシコ大会に出場。グループリーグでは初戦のブルガリアに3-1、続くモロッコ戦で3-0で勝利するも、西ドイツに敗れた。グループリーグを2位で突破し決勝トーナメントに進出したが、ブラジルに2-4で敗れベスト8という成績で大会を去った。

2大会ぶりに本大会に出場した1978年大会でも一次リーグを2勝1分の1位で突破し、2次リーグに進出したものの、2次リーグで3敗し敗退。

2大会連続で本大会に出場した1982年大会では、2引分の後ポーランドに1-5で敗れ、グループ1最下位で敗退。

1986年大会の予選では最終節でアルゼンチンに勝てば本大会出場が決まったのだが、後半36分に同点ゴールを許しグループ一位突破を逃すと、プレーオフでも一次ラウンドでチリに連敗して敗退した。このアルゼンチン戦で同点ゴールを許した選手が後にペルーの監督を務めることになるリカルド・ガレカであった。

その後、ワールドカップ出場からは遠ざかり予選でも下位が定位置となっていたものの、ノルベルト・ソラーノクラウディオ・ピサーロフアン・マヌエル・バルガスジェフェルソン・ファルファンパオロ・ゲレーロといった攻撃的な選手を中心に欧州で活躍する優れた選手を輩出してきた。また、コパアメリカでは2011年2015年に3位と好成績を残している。

2018 FIFAワールドカップ・南米予選では前半戦の第6節までで勝ち点4とベネズエラと最下位を争っていたが、ガレカ監督の若手中心のメンバー選考への方針転換により後半戦は勝ち点を積み重ね、最終的に5位に入り大陸間プレーオフへと進出した。0-2でボリビア代表に破れた試合でボリビアが出場資格のないネルソン・カブレラを出場させたことで没収試合となり、勝ち点3を得たことが結果的にチリ代表を上回る要因になった。[1]

ニュージーランドとの間で行われた大陸間プレーオフはアウェーでの第1戦を0-0で引き分けたが、ホームでの第2戦を2-0で勝利し1982年大会以来9大会ぶりの本大会出場を決めた[2]

ペルーのサッカーは伝統的に個人技、技術力が高く、守備を固めて勝負にこだわるよりも観客を楽しませる魅せるサッカーをすると言われており、欧州化が進む南米サッカーの中でも南米らしいサッカーの特徴を残していると言われている。

2018年6月9日、対スウェーデン戦に0ー0で引き分けた。その結果、2016年11月15日にエスタディオ・ナシオナルで行われたブラジル戦(0-2)に敗戦以降、親善試合を含め15試合無敗(10勝5分)を記録した。これにより、1939年に記録した11試合無敗を大きく更新している。

2018年大会ではグループCに入り、初戦のデンマーク戦、2戦目のフランス戦といずれも0-1で敗れ、2戦目終了時点でグループリーグ敗退が決まったが最終戦となるオーストラリア戦に2-0で勝利し、1978年大会1次リーグ最終戦でイランに勝って以来40年ぶりの本大会勝利を収め、最終的にグループC3位となった。

成績

FIFAワールドカップの成績

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
1930 1次リーグ敗退 2 0 0 2 1 4
1934 棄権
1938 不参加
1950 棄権
1954
1958 予選敗退
1962
1966
1970 ベスト8 4 2 0 2 9 9
1974 予選敗退
1978 2次リーグ敗退 6 2 1 3 7 12
1982 1次リーグ敗退 3 0 2 1 2 6
1986 予選敗退
1990
1994
1998
2002
2006
2010
2014
2018 グループリーグ敗退 3 1 0 2 2 2
合計 5/21 18 5 3 10 21 33

コパ・アメリカ

  • 1916 - 不参加
  • 1917 - 不参加
  • 1919 - 不参加
  • 1920 - 不参加
  • 1921 - 不参加
  • 1922 - 不参加
  • 1923 - 不参加
  • 1924 - 不参加
  • 1925 - 不参加
  • 1926 - 不参加
  • 1927 - 3位
  • 1929 - 4位
  • 1935 - 3位
  • 1937 - 6位
  • 1939 - 優勝
  • 1941 - 4位
  • 1942 - 5位
  • 1945 - 棄権
  • 1946 - 棄権
  • 1947 - 5位
  • 1949 - 3位
  • 1953 - 5位
  • 1955 - 3位
  • 1956 - 6位
  • 1957 - 4位
  • 1959 - 4位
  • 1959 - 棄権
  • 1963 - 5位
  • 1967 - 棄権
  • 1975 - 優勝
  • 1979 - ベスト4
  • 1983 - ベスト4
  • 1987 - グループリーグ敗退
  • 1989 - グループリーグ敗退
  • 1991 - グループリーグ敗退
  • 1993 - ベスト8
  • 1995 - グループリーグ敗退
  • 1997 - 4位
  • 1999 - ベスト8
  • 2001 - ベスト8
  • 2004 - ベスト8
  • 2007 - ベスト8
  • 2011 - 3位
  • 2015 - 3位

通算記録

通算出場記録
名前キャップ数期間
1ロベルト・パラシオス1281992-2012
2エクトル・チュンピタス1051965-1981
3ホルヘ・ソト1011992-2005
4フアン・ホセ・ハヨ971994-2008
5ルベン・トリビオ・ディアス891972-1985
ノルベルト・ソラーノ1994-2009
7フアン・レイノソ841986-2000
8ペルシー・オリバレス831987-2001
9ホセ・ベラスケス821972-1985
10テオフィロ・クビジャス811968-1982
通算得点記録
名前得点数期間
1パオロ・ゲレーロ372004-
2テオフィロ・クビジャス261968-1982
3テオドロ・フェルナンデス241935-1947
4ノルベルト・ソラーノ201994-2008
5ロベルト・パラシオス191992-2009
6ウーゴ・ソティル181970-1978
7オスワルド・ラミレス171969-1982
8フランコ・ナバーロ161980–1989
8クラウディオ・ピサーロ161999–
10ペドロ・パブロ・レオン151963–1973

歴代監督

選手

主要大会のメンバー

1930 FIFAワールドカップ ペルー代表

1970 FIFAワールドカップ ペルー代表

1978 FIFAワールドカップ ペルー代表

1982 FIFAワールドカップ ペルー代表

2018 FIFAワールドカップ ペルー代表

主な歴代選手

GK

DF

MF

FW

脚注

  1. 没収試合が運命を分けた!?南米予選敗退のチリ、ボリビアの不正に泣く
  2. ロシアW杯最後の1枠はペルーに!ホームでの第2戦でニュージーランドを下す/ロシアW杯大陸間プレーオフGOAL.com 2017年11月16日

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.