サッカーカメルーン代表

サッカーカメルーン代表(サッカーカメルーンだいひょう、: Cameroon national football team, : Équipe du Cameroun de football)は、カメルーンサッカー連盟により構成されるカメルーンサッカーのナショナルチームである。愛称は不屈のライオンフランス語: Les Lions Indomptables, 英語: The Indomitable Lions)。

サッカーカメルーン代表
国または地域 カメルーン
協会 カメルーンサッカー連盟
FIFAコード CMR
愛称 Les Lions Indomptables
(The Indomitable Lions)
監督 トニ・コンセイソン[1]
最多出場選手 リゴベール・ソング(137試合)
最多得点選手 サミュエル・エトオ(56[2]得点)
初の国際試合
 ベルギー領コンゴ 3–2 フランス領カメルーン
(ベルギー領コンゴ、1956年9月)
最大差勝利試合
 カメルーン 9–0 チャド 
(DRコンゴ、1965年4月)
最大差敗戦試合
 ノルウェー 6–1 カメルーン 
(オスロ, 1990年10月31日)
 ロシア 6–1 カメルーン 
(パロアルト, 1994年6月28日)
 コスタリカ 5–0 カメルーン 
(サンホセ, 1997年3月9日)
FIFAワールドカップ
出場回数 7回(初出場は1982
最高成績 ベスト8 (1990)
アフリカネイションズカップ
出場回数 18回
最高成績 優勝 (5回)
カメルーン代表
FIFAコンフェデレーションズカップ2017オーストラリア戦のスターティングメンバー

概要

2000年のシドニーオリンピックでは金メダルを獲得するなど、アフリカを代表する強豪国のひとつ。オリンピックや世代別の代表では好成績を収めることが多く、ヨーロッパにも多くの優秀な選手を輩出している。一方でワールドカップなどの主要な大会ではトラブルが起きることが多く、金銭面のトラブルや選手と監督の対立などで渡航日が大幅に遅れたり、チームが1つになれずに惨敗を喫することも多い。

ワールドカップ

1982年大会
初出場の大会で、グループリーグ2戦を終えた時点でいずれもスコアレスドローだったものの4チームが2引分で並んだため、最終戦となるイタリア戦に決勝トーナメント進出がかかっていたが1-1で引き分け、最終戦でペルーに5-1と大勝したポーランドと同じく3引分ながら2得点を挙げていたイタリアを上回れず、3位でグループリーグ敗退となった。
1990年大会
2大会ぶりの出場となったが、開幕戦では前回優勝チームのアルゼンチンと対戦して61分と89分に退場者を出しながらも1-0で勝利、続くルーマニア戦では、当時のカメルーン大統領・ポール・ビヤからの直接の要請を受けて現役復帰したロジェ・ミラが2ゴールを挙げ連勝、3戦目、1988欧州選手権準優勝のソ連戦では0-4と大敗したものの、結局グループB1位で決勝トーナメントに進出した。ベスト16のコロンビア戦は延長にもつれ込むが、再びミラが2得点を挙げ2-1で勝利した。準々決勝では一旦イングランドを相手に2-1でリードしながらもPKをゲーリー・リネカーに決められ2試合連続の延長戦となり、延長で再びリネカーのゴールで2-3で敗れるが、アフリカ勢としては初のベスト8入りを達成しアフリカ史上唯一となる1大会での3勝を記録している。なお「カメルーン旋風」は大会の話題のひとつとして記憶され、ナイジェリアセネガルガーナコートジボワールといった西アフリカ勢を先導する出来事となった。
1994年大会
グループリーグ初戦でスウェーデンと2-2で引き分けるも、2戦目のブラジルに0-3で敗れ3戦目のロシア戦では、当時42歳だったミラがワールドカップ最高齢選手によるゴール(2014年現在も最高齢記録)を記録しながらも1-6と大敗し、1分2敗のグループ最下位で大会を終えた。
1998年大会
サミュエル・エトーが同大会の全参加選手中最年少となる17歳3か月で代表に選ばれ注目されたが、初戦のオーストリア戦、3戦目のチリ戦にいずれも1-1で引き分けたものの、2戦目のイタリア戦で0-3で敗れたことが響いたため、前回大会に続いて1分2敗で最下位となりグループリーグ敗退となった。
2002年大会
4大会連続の出場となり、日本では1997-1998年シーズンまでガンバ大阪に所属していたパトリック・エムボマが代表に選ばれたという点でも注目されていた。大分県中津江村(当時:現在の日田市中津江村)をキャンプ地としていたが、到着が遅れたことでカメルーン代表は中津江村とともに日本で一躍有名になった。この時の村民への恩義もあり、日本で試合を行なった際に同じ大分県で2002 FIFAワールドカップの会場でもあった大分市九州石油ドームを使用した。また2010年の南アフリカ大会で日本とカメルーンが対戦した際も、旧中津江村では住民がカメルーンを応援するなど今でも互いに親しい関係にある。
グループリーグでは初戦でアイルランドに1-1で引き分け、続くサウジアラビア戦に1-0で勝利し、2試合終了時点で1勝1分、得失点差でドイツに次ぐ2位となっていたものの、最終戦のドイツ戦に0-2で敗れサウジアラビアに3-0で勝利したアイルランドに逆転され3位、3大会ぶりの決勝トーナメント進出を逃した。
2010年大会
グループリーグ・E組に入ったカメルーン代表は日本と初戦で対戦したが、0-1で敗れた。続くデンマークとの対戦では1-2と逆転負けした。これにより1戦を残しカメルーンのグループリーグ敗退が決定した。最終戦のオランダと対戦するも1-2で敗れ、3連敗で南アフリカを後にした。
2014年大会
開催国のブラジルと同じグループAに入り、同年6月1日に行われた親善試合では優勝候補の一角ドイツに2-2で引き分けるなどしていたものの[3]同月8日、首都のヤウンデからブラジルに移動する直前になって、選手たちがカメルーンサッカー連盟の提示するボーナスが希望に満たない額であることを理由に飛行機への搭乗を拒否したため[4]、交渉がまとまったため翌9日には出発したが[5]、同月13日の初戦のメキシコ戦ではオリベ・ペラルタからゴールを許し、0-1で敗戦した。続く同月18日のクロアチア戦ではエースのエトーが右膝痛により欠場、さらに先制点を許した後の前半40分にアレクサンドル・ソングがボールに無関係な場所でのマリオ・マンジュキッチに対する肘打ちで一発退場となり、10人となった後半に3点を許し0-4で敗れ2連敗を喫し、グループリーグ最終戦のブラジル戦を残してグループリーグ敗退が決まった[6]。3戦目のブラジル戦では17分にネイマールから先制ゴールを許し、さらに26分に今大会チーム初ゴールとなるJ・マティプのゴールで一旦同点に追いついたが34分に再びネイマールのゴールで突き放され、後半にもフレッジフェルナンジーニョにゴールを決められ1-4で敗戦した[7]。これにより2大会連続のグループリーグ3連敗を喫したことから、2002年大会グループリーグ最終戦ドイツ戦での敗戦から通算してワールドカップ本大会7連敗となった。

成績

FIFAワールドカップ

開催国 / 年成績
1930不参加
1934
1938
1950
1954
1958
1962
1966参加辞退
1970予選敗退
1974
1978
19821次リーグ敗退303011
1986予選敗退
1990ベスト8530279
1994グループリーグ敗退3012311
1998302125
2002311123
2006予選敗退
2010グループリーグ敗退300325
2014300319
2018予選敗退
合計 出場7回2347121843

FIFAコンフェデレーションズカップ

(出場した大会のみ表記)

  • 2001 - グループリーグ敗退
  • 2003 - 準優勝

2003年大会では代表選手の一人、マルク=ヴィヴィアン・フォエが試合中に急死するという出来事があった。

  • 2017 - グループリーグ敗退

アフリカネイションズカップ

出場:18回
優勝:5回
開催国 / 年 成績 開催国 / 年 成績 開催国 / 年 成績
1957不参加 1982グループリーグ敗退 2006ベスト8
1959 1984優勝 2008準優勝
19621986準優勝 2010ベスト8
1963 1988優勝 2012予選敗退
1965 1990グループリーグ敗退2013
1968予選敗退 19924位2015グループリーグ敗退
1970グループリーグ敗退 1994予選敗退 2017優勝
19723位 1996グループリーグ敗退 2019ベスト16
1974予選敗退 19984位 2021
1976 2000優勝 2023
1978 2002
1980 2004ベスト8

歴代監督

歴代選手

GK

DF

MF

FW

脚注

  1. https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=361855
  2. 9 Samuel ETOO”. FIFA.com. 2014年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月1日閲覧。
  3. “優勝候補ドイツ、カメルーンと2ー2でドロー”. Goal.com. (2014年6月2日). http://www.goal.com/jp/match/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84-vs-%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B3/1630380/report 2014年6月19日閲覧。
  4. “カメルーン、W杯ボーナス巡りブラジル行きを拒否”. Goal.com. (2014年6月9日). http://www.goal.com/jp/news/5256/2014%E5%B9%B4w%E6%9D%AF/2014/06/09/4869188/%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B3w%E6%9D%AF%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%82%B9%E5%B7%A1%E3%82%8A%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AB%E8%A1%8C%E3%81%8D%E3%82%92%E6%8B%92%E5%90%A6 2014年6月19日閲覧。
  5. “カメルーン代表が出発 ボーナス上乗せで交渉まとまる”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年6月9日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/06/09/kiji/K20140609008335430.html 2014年6月19日閲覧。
  6. “クロアチア開眼!!カメルーン愚行自滅で敗退決定”. ゲキサカ (講談社). (2014年6月19日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?141359-141359-fl 2014年6月19日閲覧。
  7. “ネイマール2発! ブラジル快勝でグループ首位通過”. Goal.com. (2014年6月24日). http://www.goal.com/jp/match/%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B3-vs-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AB/1220074/report 2014年6月24日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.