サステイン

サステイン: sustain)は、英語で「支える、持続させる」と言う意味の動詞である[1]。音楽においては、楽器の音が発生してから、音が途切れるまでの余韻を指す。

表記

本来の英語の発音はサステイン[2]であるが、日本の楽器業界用語としてサスティーンまたはサスティンという表記も同時に普及しており、楽器の専門誌、楽器店などでは今でも本来の発音とは違う表記をされている件が多く見られる。

楽器毎の定義

鍵盤楽器

ピアノの鍵盤は発音後に鍵を離すとダンパーと呼ばれる消音装置により消音されるようになっている。しかし、ダンパーペダル(通常、複数のペダルのうち最も右にある)を踏むと全ての弦のダンパーを弦から離した状態で支えることができ、鍵を離した後も弦の余韻を残すことができる。

電子鍵盤楽器において、ピアノのダンパーペダル機能を模したペダルはサステインペダルと呼ばれる。一部の電子オルガンなどでは足踏みペダルではなく膝で横向きに押すレバー(ニーレバー)に同様の機能を設定できるようになっている。

シンセサイザー

シンセサイザーはオシレーターで発させた持続的な音波を、エンベロープジェネレーターで減衰させることにより、生楽器におけるサステインを模している。

エレクトリック・ギター

エレクトリック・ギターの音をならして、音が途切れるまでの余韻音をサステインと呼ぶ[3]。また、ギターの音を長時間の持続音を得るために開発された機器としてサステイナーがある。この呼称は元々は音色を加工するエフェクターのうちコンプレッサーの一種を指すものだった。その後、サステイニアック(Sustainiac)やフェルナンデスサスティナー(Sustainer)[4]など、電磁気的フィードバックによって弦の振動を持続させるシステムにも名称として利用されている。


脚注

  1. サステインとは何? Weblio辞書”. https://www.weblio.jp/. Weblio. 2020年9月6日閲覧。
  2. SUSTAIN #124; Cambridge Dictionary による英語での発音”. https://dictionary.cambridge.org/. Cambridge University Press. 2020年9月6日閲覧。
  3. Let’s Talk About Sustain”. Symour Duncan. 2020年9月6日閲覧。
  4. SUSTAINER”. フェルナンデス. 2015年12月19日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.