サイモン・バロン=コーエン

サイモン・バロン=コーエン(Simon Baron-Cohen, 1958年7月23日 - )は、イギリス発達心理学者。ケンブリッジ大学発達精神病理学科教授。自閉症のマインドブラインドネス理論心の理論、自閉症を極端に発達した男脳(male brain)とする理論等が知られている。ただし、男脳と男性がイコールでないこと、女脳と女性がイコールでないことは繰り返して強調している。

Simon Baron-Cohen
Baron-Cohen in 2011
生誕 (1958-08-15) 1958年8月15日(62歳)
居住 英国
国籍 イギリス人
研究分野 心理学、認知神経科学
研究機関 ケンブリッジ大学
出身校
論文 Social cognition and pretend-play in autism (1985)
博士課程
指導教員
Uta Frith
主な業績 自閉症研究
主な受賞歴 Kanner-Asperger Medal 2013 (WGAS)[1]
プロジェクト:人物伝

著書『共感する女脳、システム化する男脳』P.291で、ニュートンアインシュタインについて、本人たちを知る人物の証言から、「明らかにアスペルガー症候群と思われる特徴を示している」と記述している。ただし「彼らは自らの才能を開花させる場所を持っていたので、障害であると診断されたかどうかには疑問がある」としている。

俳優サシャ・バロン・コーエンはいとこ。

所属

コーエンは英国心理学学会 (BPS)[2]イギリス学士院[3]科学的心理学会[4]のフェローを務めている。また英国心理学会認定心理士(BPS Chartered Psychologist)である[2]

またコーエンは、イギリス自閉症協会理事[5]英国国立医療技術評価機構(NICE)成人自閉症ガイドライン作成グループ(-2012年)の議長[6]、国際自閉症研究学会(INSAR)理事[7]、雑誌Molecular Autismの編集長[8]を務めている。

主な著作

脚注

  1. Awardees”. Wissenschaftliche Gesellschaft Autismus-Spektrum (WGAS). 2013年12月18日閲覧。
  2. Chartered Psychologist emphasises the importance of empathy”. The British Psychological Society (2011年4月28日). 2014年1月2日閲覧。
  3. Seven Cambridge academics elected as Fellows of The British Academy”. Cambridge University (2009年7月17日). 2013年12月27日閲覧。
  4. Reflecting on a lifetime of achievement: Uta Frith”. Association for Psychological Science. 2013年12月28日閲覧。
  5. Vice presidents”. National Autistic Society. 2013年12月28日閲覧。
  6. Autism: recognition, referral, diagnosis and management of adults on the autism spectrum”. 英国国立医療技術評価機構. 2013年12月28日閲覧。
  7. ARC people: Professor Simon Baron-Cohen”. Autism Research Center, University of Cambridge. 2013年12月28日閲覧。
  8. Molecular Autism: brain, cognition and behavior”. BioMed Central Ltd. 2013年12月28日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.