ゴリムマブ

ゴリムマブ(Golimumab)は、関節リウマチ潰瘍性大腸炎の治療薬の一つ。分子標的治療薬であり、ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤である。[1]商品名シンポニー、開発コードCNTO 148。

ゴリムマブ?
モノクローナル抗体
種類 全長抗体
原料 ヒト
抗原 TNFα
臨床データ
Drugs.com monograph
MedlinePlus a610010
ライセンス EMA:リンクUS FDA:リンク
法的規制
  • US: -only
  • 生物由来製品、劇薬、処方箋医薬品(日本)
投与方法 皮下注射
識別
CAS番号
476181-74-5
ATCコード L04AB06 (WHO)
UNII 91X1KLU43E 
KEGG D04358  
ChEMBL CHEMBL1201833 
化学的データ
化学式C6530H10068N1752O2026S44
分子量147 kDa

薬理

関節リウマチ・潰瘍性大腸炎患者において、TNFαと結合することにより、TNFαによる生体内情報伝達を阻害する。

同様にTNF-αに対する抗体としてレミケードヒュミラがある。TNF-αレセプターとヒト免疫グロブリンFc部分を結合させたエンブレルは、正確にはTNF-αに対する抗体ではない。

適応症

  • 関節リウマチ
  • 潰瘍性大腸炎

副作用

など

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.