ゴジラ・メガムリオン

ゴジラ・メガムリオン(Godzilla Megamullion)もしくはゴジラ・ムリオン(Godzilla Mullion)は、沖ノ鳥島南東約700kmの海底に存在するドーム状の岩塊である。

メガムリオン(megamullion)は「巨大なムリオン(Mullion)」(ムリオン又はマリオンは方立を意味する建築用語で、窓を縦方向に支える構造物のこと[1])を意味する言葉で、マントルが固まったものと考えられている岩塊がドーム型に露出している地形。かんらん岩斑れい岩などから構成されている。海洋コアコンプレックスとも呼ばれる[2]

ゴジラ・メガムリオンは、フィリピン海プレートにあるパレスベラ海盆に位置する[2]。その大きさは縦125キロメートル・幅55キロメートル・最深部との高低差4キロメートルであり、マントルが露出したドーム状の岩塊としては世界最大である[3]。その状態が海底にいる怪獣のようだとして、映画『ゴジラ』に由来して命名され[3][4][5][6]、確認されている14の丘についても、頭や尾などと呼称される[3]

脚注

  1. マリオン/建築用語”. 建築情報.net. 2014年1月13日閲覧。
  2. 「しんかい 6500」 潜航記 (PDF) - 自然科学のとびら Vol.15, No.3 Sept., 2009 通巻58号(神奈川県立生命の星・地球博物館 広報誌)
  3. マントル「のぞき窓」海底で発見、名はゴジラ”. 読売新聞 (2014年1月11日). 2014年1月13日閲覧。
  4. パレスベラ海盆の非マグマ的拡大”. 東京大学大気海洋研究所 横山祐典研究室. 2014年1月13日閲覧。
  5. Thin crust as evidence for depleted mantle supporting the Marion Rise”. nature (2013年2月14日). 2014年1月13日閲覧。
  6. Melt stagnation in peridotites from the Godzilla Megamullion Oceanic Core Complex, Parece Vela Basin, Philippine Sea”. Lithos Volumes 182–183, December 2013, Pages 1–10 (2013年12月). 2014年1月13日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.