コーパヴォグル

コーパヴォグルKópavogur)は、アイスランドの町。町としては国内第2位で、人口約30,000人。首都レイキャヴィークのすぐ南にあり、大レイキャヴィークの一部である。

位置

概要

大半が住宅地であるが、多くの商業・産業活動も行われている。町名は『赤ん坊アザラシの湾』を意味する。町の紋章にはコーパヴォグル教会と、アザラシの赤ん坊が描かれている。

アイスランドで最も高層の建物がコーパヴォグル郊外にあるスマラトルグ・タワー(77.6m)である。

歴史

コーパヴォグルは、1662年にコーパヴォグル集会が行われた場所として歴史に残っている。この出来事は、アイスランド全島がデンマークノルウェー王国に併合されるとして、ルーテル教会司教ブリンヨルフル・スヴェインソンとアイスランド島民の代表アルニ・オッドッソンが文書に署名したものである。これは、デンマーク王家がアイスランドにも絶対君主制を導入したものであった。

姉妹都市

出身者

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.