コルフィーニオ

コルフィーニオイタリア語: Corfinio)は、イタリア共和国アブルッツォ州ラクイラ県にある、人口約1100人の基礎自治体コムーネ)。

コルフィーニオ
Corfinio
サンペリーノ教会
行政
イタリア
アブルッツォ
県/大都市 ラクイラ
CAP(郵便番号) 67030
市外局番 0864
ISTATコード 066041
識別コード C999
分離集落
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
地震分類 zona 1 (sismicità alta)
気候分類 zona 構文エラー:「o」を認識できません。, 19O8 GG
公式サイト リンク
人口
人口 1,052 [1](2017-01-01)
人口密度 57.8 人/km2
文化
住民の呼称 corfiniesi
守護聖人 聖アレッサンドロ (Sant'Alessandro)
祝祭日 5月3日
地理
座標 北緯42度07分29秒 東経13度50分33秒
標高 346 (250 - 1731) [2] m
面積 18.21 [3] km2
コルフィーニオの位置

ラクイラ県におけるコムーネの領域
ポータル イタリア

古代都市コルフィニウムCorfinium)の遺跡が近郊にある。

名称

中世以後、ヴァルヴァ(Valva)の名で呼ばれた。当地を管轄するローマ・カトリック教会の司教区はスルモナ=ヴァルヴァ司教区 (Roman Catholic Diocese of Sulmona-Valva) である。

1928年に「コルフィニウム」を現代イタリア語に変化させた「コルフィーニオ」と改称された。

地理

位置・広がり

ラクイラ県中部のコムーネ。スルモナから北西へ11km、アヴェッツァーノから東北東へ36km、州都・県都ラクイラから南東へ44kmの距離にある[4]

隣接コムーネ

隣接するコムーネは以下の通り。括弧内のPEはペスカーラ県所属を示す。

歴史

古代都市コルフィニウムには、イタリック人の一派であるパエリグニ人 (Paeligni) が暮らしていた。同盟市戦争(紀元前91年 - 紀元前88年)中には、ローマに対抗したサムニウム人たちが首都とし、その領域を「イタリア」と呼んだ(イタリア人の項目も参照)。「イタリア」の語は、オスク語の"Vitelia"という呼称から来ている。コルフィニウムも "Viteliù" と呼ばれた。

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.