コリスチン

コリスチン(別名 ポリミキシンE、: colistin)は、7つのアミノ酸からなる環状ペプチド抗生物質。商品名オルドレブ点滴静注用、コリマイシン散(ポーラファルマ製造販売)。

コリスチン
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • C
法的規制
投与方法 外用、経口、点滴静注
薬物動態データ
生物学的利用能0%
半減期5 時間
識別
CAS番号
1264-72-8
ATCコード J01XB01 (WHO) A07AA10 (WHO)
PubChem CID: 5311054
DrugBank APRD00886
KEGG D02138
化学的データ
化学式C52H98N16O13
分子量2797.3193 g/mol

塩基性の陽イオン性界面活性剤であり、細胞質膜を傷害することにより殺菌的に作用する。グラム陰性菌に対して優れた抗菌作用を示し、緑膿菌感染症細菌性赤痢に対して有効。腎毒性、神経毒性が強いが、多剤耐性グラム陰性桿菌に対する最終手段として用いられる。点滴静注用製剤が2015年3月に日本で承認された[1]

歴史

コリスチンは、1950年にライオン製薬(現ポーラファルマ)の小林細菌研究所の小山康夫、黒沢秋雄らによって、福島県掛田町の土壌中の芽胞桿菌Bacillus polymyxa var. colistinus が産生する物質から発見された。日本では1951年に硫酸塩(硫酸コリスチン)が医薬品として発売され、1960年にはコリスチン誘導体ナトリウム塩のコリスチンメタンスルホン酸ナトリウムが発売された。また、米・ワーナー・ランバート(現ファイザー)に輸出されるなど、米国を始め海外でも医薬品として発売され使用された。コリスチンは1960年代から1970年代にかけて用いられたが、副作用の頻度が高いこと、他により安全性が高い抗菌薬が開発されたことなどにより、その後日本では使用されなくなった。2015年、多剤耐性を有するグラム陰性菌に対する抗生物質として見直され、改めて希少疾病用医薬品として承認された。

近年、コリスチンは多剤耐性緑膿菌(MDRP)などの多剤耐性グラム陰性桿菌感染症に比較的有効な貴重な治療薬の一つとして欧米で見直されており、日本でも2010年10月に厚生労働省薬事・食品衛生審議会が多剤耐性菌への使用に限り許可する方針を固めるなど見直しが始まっている[2]

2015年、コリスチン耐性を持つ細菌が発見された[3][4]

薬効薬理

  • 抗菌作用
  • コリスチンは、グラム陰性桿菌に対して殺菌的に作用する。
菌種コリスチン感受性
緑膿菌3.13μg/mLで約71%発育抑制
大腸菌1.56μg/mLで100%発育抑制
赤痢菌1.56μg/mLで100%発育抑制
  • 薬剤耐性
  • 耐性を獲得し難く、他種抗生物質との間には交叉耐性がないため他種抗生物質耐性菌にも有効である。
  • 作用機序
  • グラム陰性細菌の細胞質膜の障害である。(グラム陽性細菌の細胞質膜には効果が期待できない)

効能・効果

  • オルドレブ
  • 〈適応菌種〉コリスチンに感性の大腸菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、緑膿菌、アシネトバクター属で、他の抗菌薬に耐性の菌株[5]
  • 〈適応症〉各種感染症。
  • コリマイシン[6]
  • <適応菌種> コリスチンに感性の大腸菌、赤痢菌
  • <適応症> 感染性腸炎

副作用

治験で認められた副作用は、腎機能障害が21%で神経系障害が2%であった[5]

重大とされている副作用は、腎不全、腎機能障害、呼吸窮迫、無呼吸、偽膜性大腸炎である。

関連項目

出典

参考文献

  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版社 1991年 ISBN 4885006104
  • 伊藤勝昭ほか編集 『新獣医薬理学 第二版』 近代出版 2004年 ISBN 4874021018
  • 松本哲哉(2007). 「基礎・臨床の両面からみた耐性菌の現状と対策1:多剤耐性緑膿菌(MDRP)」『モダンメディア』53(3):14-19.
  • 「コリマイシンS散」医薬品インタビューフォーム・新様式第2版(ポーラファルマ)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.