コムシ目

コムシ目倍尾目双尾目とも。Diplura)は節足動物門六脚亜門内顎綱 (Entognatha) のうち1目である。内顎綱は昆虫に近縁でより原始的なグループで、ほかにトビムシ目カマアシムシ目が含まれ、昆虫とあわせて六脚類をなす。

コムシ目 Diplura
Campodea redii
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 六脚亜門 Hexapoda
: 内顎綱 Entognatha
: コムシ目 Diplura
学名
Diplura
Börner, 1904
[1]

本文参照

腹端に1対の尾角がある。ナガコムシ類では鞭状に後ろに伸びるが、ハサミコムシ類では、短く頑丈なハサミになり、しかも褐色に色づいて硬化しており、これを捕食器として使う。ハサミムシ類に似た姿である。

形態

単眼・複眼を欠く(化石種には複眼をもつものがいる)。口器は内顎口、咀嚼型である。腹節には腹胞という付属肢が存在する。腹端にある1対の尾角(尾毛とも)が多節のものがナガコムシ亜目、単節のものがハサミコムシ亜目である。しかし尾角は折れやすいので、観察の際は注意が必要である。

分類

  • ナガコムシ亜目 Rhabdura
    • ナガコムシ上科 Campodeoidea
    • ミナミコムシ上科 Projapugoidea
      • Projapygidae
      • Anajapugidae
      • Octostigmatidae
  • ハサミコムシ亜目 Dicellurata
    • ハサミコムシ上科 Japygoidea
      • ハサミコムシ科 Japygidae
      • Heterojapygidae
      • Dinjapygidae
      • Evallijapygidae
      • ナミハサミコムシ科 Parajapygidae

脚注

  1. David R. Maddison (2005年1月1日). Diplura”. 生命の樹ウェブプロジェクト. 2008年5月31日閲覧。

関連項目

参考文献

  • 石川良輔 『昆虫の誕生 - 一千万種への進化と分化』 中央公論社〈中公新書〉、1996年、ISBN 4-12-101327-1。
  • 浅間茂・石井規雄・松本嘉幸 『改訂 校庭のクモ・ダニ・アブラムシ』 全国農村教育協会〈野外観察ハンドブック〉、2002年、ISBN 4-88137-084-7。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.