コペンハーゲン大学

コペンハーゲン大学ラテン語: Universitas Hafniensisデンマーク語: Københavns Universitet)は、デンマークコペンハーゲンに位置する大学。同国で最も歴史があり、また二番目に大きな規模の大学である。学生数は37,000人あまり、女性が59%を占め、教職員は7000人を越える。キャンパスはコペンハーゲン周辺に複数存在し、コペンハーゲンの中央部に最も古いキャンパスであるシティ・キャンパスがある。大部分の授業はデンマーク語で教えられているが、英語ドイツ語での授業も増えつつある。ちなみに、寮の鍵の受け取りはHousing Foundationのオフィスまで行かなければならず、オフィスが締まる時間も早いので要注意である[1]

歴史

1479年にデンマークで最初の大学として設立され、カトリック教会神学教育の中心となったほか、法学、医学、哲学の教育機関として機能した。コペンハーゲン大学は1536年ルンドストゥディウム・ジェネラーレが閉鎖されてから1920年代後半にオーフス大学ができるまでデンマークにおける唯一の大学だった。伯爵戦争後の宗教改革の結果、コペンハーゲン大学は1537年福音ルター派の神学校となった。

ホレーショ・ネルソン提督率いるイギリス艦隊が1801年コペンハーゲンを攻撃した際に、大学の施設はほとんどが破壊されたが、19世紀半ばごろまでに主だった建物は再建され、動物学・地質学博物館など多くの施設が新たに作られた。また、この期間に様々な学部の再構成も行われた。1877年にはデンマーク大学で最初の女性の学生が入学している。

1960年から1980年にかけてコペンハーゲン大学の学生数は約6千人から約2万6千人へと大きく増加し、教員など大学スタッフの数もそれにあわせて大きく増加した。1970年にはデンマーク内のほかの高等教育機関に先駆けて大学の運営が民主化され、1990年代前半の大学改革によって学士号の取得がほとんどの分野で必須となった。

学部

  • 人文科学部 - Det Humanistiske Fakultet
  • 法学部 - Det Juridiske Fakultet
  • 理学部 - Det Natur- og Biovidenskabelige Fakultet(直訳︰自然生命科学部)
  • 社会科学部 - Det Samfundsvidenskabelige Fakultet
  • 医学・歯学・薬学部 - Det Sundhedsvidenskabelige Fakultet
  • 神学部 - Det Teologiske Fakultet

施設

著名な卒業生・教授

名誉博士

名誉学員

日本における協定校

大学レベル

学部レベル

奨学金

  • エラスムス計画
  • State Educational Grant and Loan Scheme (SU) [3]
  • The Long-Term Scholarships [4]
  • The Danish Summer Language Scholarships [5]
  • Danish Innovation Scholarship [6]
  • Danish government scholarships for highly qualified non-EU/EEA students [7] [8]

関連項目

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.