ゲッキツ属

ゲッキツ属Murraya)は、オオバゲッキツ等を含むミカン科に含まれるの一つである。12の種からなる。この属は、同じ科のワンピ属ハナシンボウギ属とともに、カルバゾールアルカロイドの主要な抽出源である。木は民間療法に使われ、オオバゲッキツの葉はカレーの材料としても用いられる。また、造園や園芸用の樹木としても重要である。

主な種
  • Murraya alata Drake
  • M. koenigii (L.) Sprengel (オオバゲッキツ
  • M. ovatifoliolata (Engl.) Domin
  • M. paniculata (L.) Jack (ゲッキツ
  • M. stenocarpa (Drake) Swingle
ゲッキツ属
ゲッキツ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
亜科 : ミカン亜科 Aurantioideae
: ゲッキツ属 Murraya
学名
Murraya
J.Koenig ex L.
本文参照

外部リンク

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.