グリハルバ川

グリハルバ川(グリハルバがわ、スペイン語: Río Grijalva)は、メキシコの南東部を流れるである[1]。全長は600km、流域面積は134,400km2である[2]。川の名前は1518年に河口付近を訪れたコンキスタドールフアン・デ・グリハルバに由来する[3]

グリハルバ川
スミデロ峡谷を流れるグリハルバ川
延長 600 km
平均流量 -- m³/s
流域面積 134,400 km²
水源 チアパス高原
水源の標高 -- m
河口・合流先 メキシコ湾
流域 メキシコ

チアパス高原に源を発し、トゥストラ・グティエレス付近のスミデロ峡谷を流れ、水力発電のために造られたマルパソダムによる人造湖ネサワルコヨトル湖に注ぐ。ネサワルコヨトル湖からは、おおよそチアパス州タバスコ州の境界付近を北向きに流れる。その後流れは東向きに方向を変えてビヤエルモサを通過し、ウスマシンタ川を合わせフロンテラの北西10kmあたりでメキシコ湾に注ぐ。喫水の浅い船であれば、河口から上流に向かって100kmほど航行することが可能である。

支流

脚注

  1. "Grijalva." [Merriam-Webster's Geographical Dictionary], 3rd ed. 2001. (ISBN 0-87779-546-0) Springfield, MA: Merriam-Webster Inc., p. 450.
  2. World Delta Database
  3. Diaz del Castillo, Bernal. The Discovery and Conquest of Mexico. Da Capo Press, 1996. p. 21
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.