グランド・ジャット島

グランド・ジャット島 (グランド・ジャットとう、Île de la Jatte、île de la Grande Jatte)は、パリ近郊のオー=ド=セーヌ県ヌイイ=シュル=セーヌルヴァロワ=ペレにあるセーヌ川の島(中州)。ノートルダム大聖堂から直線距離で7km,エトワール凱旋門から3kmある。この島の幅は一番の広い地点でおよそ200m,長さはおよそ2kmある。島内は住宅街になっており約4,000人の住民が住んでいて、ジョルジュ・スーラの『グランド・ジャット島の日曜日の午後』で知られている。

ヌイイ橋からのグランド·ジャット島の眺め

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.