グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブス (紀元前32年の執政官)

グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブスラテン語: Gnaeus Domitius Ahenobarbus, ? - 紀元前31年)は、共和政ローマの政治家、軍人。


グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブス
Gn. Domitius L. f. Cn. n. Ahenobarbus
紀元前40年前後に鋳造されたデナリウス銀貨。アヘノバルブス家のトレードマークであるヒゲ面と裏面には船が刻まれている
出生 不明
死没 紀元前31年
出身階級 プレブス
一族 アヘノバルブス家
氏族 ドミティウス氏族
官職 プラエフェクトゥス・クラッシス?紀元前44年-42年)
艦隊司令官紀元前42年-40年)
プロコンスルアントニウス配下、紀元前40年-34年)
執政官紀元前32年
レガトゥス(アントニウス、紀元前31年
後継者 ルキウス・ドミティウス・アヘノバルブス (紀元前16年の執政官)

家族

プレブスドミティウス氏族アヘノバルブス家出身。アヘノバルブスは紀元前2世紀から頭角を現して代々執政官(コンスル)を務めていた。父はルキウス・ドミティウス・アヘノバルブス、子に父と同名のルキウス・ドミティウス・アヘノバルブス

略歴

当初はガイウス・ユリウス・カエサルの独裁政治への態度に反発、対立するが、ファルサルスの戦いの後で恭順する。そして紀元前46年にローマへ帰還する。

カエサル暗殺後にはドミティウスはマルクス・ユニウス・ブルトゥスガイウス・カッシウス・ロンギヌスへと接近する。第二回三頭政治体勢に反発し、フィリッピの戦いで功績を挙げた。しかしマルクス・アントニウスビティニア総督としたガイウス・アッシニウス・ポッリオの仲介のもとでアントニウスと和睦した。

紀元前32年にはコンスルとなり、アントニウスのパルティア遠征に従軍。オクタウィアヌスとアントニウスが対立すると、最初アントニウス側につくが、アントニウスがプトレマイオス朝クレオパトラ7世と親しくなると離反、アクティウムの海戦直前にオクタウィアヌスの側につく。そして海戦が終わって直後に没した。

出典

    参考文献

    関連項目

    公職
    先代:
    アウグストゥス II
    ルキウス・ウォルカキウス・トゥッルス
    執政官
    同僚:ガイウス・ソシウス
    紀元前32年
    次代:
    アウグストゥス III
    マルクス・ウァレリウス・メッサッラ・コルウィヌス
    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.