クリプトン

臭素 クリプトン ルビジウム
Ar

Kr

Xe
36Kr
外見
無色気体、高電圧電界中で青白色を示す


クリプトンのスペクトル線
一般特性
名称, 記号, 番号 クリプトン, Kr, 36
分類 貴ガス
, 周期, ブロック 18, 4, p
原子量 83.798
電子配置 [Ar] 3d10 4s2 4p6
電子殻 2, 8, 18, 8(画像)
物理特性
気体
密度 (0 °C, 101.325 kPa)
3.749 g/L
融点 115.79 K, -157.36 °C, -251.25 °F
沸点 119.93 K, -153.22 °C, -244.12 °F
三重点 115.775 K (-157°C), 73.2 kPa
臨界点 209.41 K, 5.50 MPa
融解熱 1.64 kJ/mol
蒸発熱 9.08 kJ/mol
熱容量 (25 °C) 5 R/2 = 20.786 J/(mol·K)
蒸気圧
圧力 (Pa) 1 10 100 1 k 10 k 100 k
温度 (K) 59 65 74 84 99 120
原子特性
酸化数 2
電気陰性度 3.00(ポーリングの値)
イオン化エネルギー 第1: 1350.8 kJ/mol
第2: 2350.4 kJ/mol
第3: 3565 kJ/mol
共有結合半径 116±4 pm
ファンデルワールス半径 202 pm
その他
結晶構造 面心立方格子構造
磁性 反磁性[1]
熱伝導率 (300 K) 9.43×10-3 W/(m·K)
音の伝わる速さ (気体、23 °C)220、(液体)1120 m/s
CAS登録番号 7439-90-9
主な同位体
詳細はクリプトンの同位体を参照
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
78Kr 0.35% 中性子42個で安定
79Kr syn 35.04 h ε - 79Br
β+ 0.604 79Br
γ 0.26, 0.39, 0.60 -
80Kr 2.25% 中性子44個で安定
81Kr trace 2.29×105 y ε - 81Br
γ 0.281 -
82Kr 11.6% 中性子46個で安定
83Kr 11.5% 中性子47個で安定
84Kr 57% 中性子48個で安定
85Kr syn 10.756 y β- 0.687 85Rb
86Kr 17.3% 中性子50個で安定

クリプトン: krypton)は原子番号36の元素元素記号Kr貴ガス元素の一つ。

名称

アルゴンに隠れてなかなか発見されなかったため、ギリシャ語の隠れる (kryptos) から命名された。

性質

常温、常圧で無色、無臭の気体融点は-157.2 °C沸点は-152.9 °C (-153.4 °C)、比重は2.82 (-157 °C)。重い気体であるため、吸引すると声が低くなる。空気中には1.14 ppmの割合で含まれている。空気を液化、分留することにより得られる。不活性であるがフッ素とは酸化数が+2の不安定な化合物を作る。また、水やヒドロキノン包接化合物を作る。

用途

不活性ガスであるため、白熱電球に封入されフィラメントの昇華を防ぐために用いられる。クリプトンが封入された白熱電球はクリプトンランプと呼ばれる。

1960年から1983年までは長さの単位メートルの基準としてクリプトンのスペクトルが用いられた。1 mは「クリプトン86原子の準位 2p10 と 5d5 の間の遷移に対応する光の真空中における波長の1,650,763.73倍に等しい長さ」と定義されていた。

クリプトンガスを吸いこんで空気中で発した声は、ヘリウムガスとは反対に、低くなる(メカニズムについては、ヘリウム#用途を参照)。ただし、純粋なクリプトンガスを吸い込むのは酸欠の危険を伴う。試すのであれば、しかるべき配合の、酸素との混合ガスを使わなければならない。

放電励起されると独特の青白いスペクトル光を放出する。写真のフラッシュに利用されたり、フィルターでさまざまな色の光に分けて使われたりもする。

歴史

1898年ウィリアム・ラムゼー (William Ramsay) とモーリス・トラバース (Morris W. Travers) によって、液体空気からキセノンとともに発見された[2]

クリプトンの化合物

同位体

出典

  1. Magnetic susceptibility of the elements and inorganic compounds, in Handbook of Chemistry and Physics 81st edition, CRC press.
  2. 桜井弘 『元素111の新知識』 講談社、1998年、191頁。ISBN 4-06-257192-7。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.