クリスト・ビルキディ

クリスト・ビルキディChristo Bilukidi1989年12月13日 - )はアンゴラ生まれ、カナダオンタリオ州オタワ出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはディフェンシブエンド(DE)。

 クリスト・ビルキディ
Christo Bilukidi
基本情報
ポジション ディフェンシブエンド
生年月日 (1989-12-13) 1989年12月13日(31歳)
出身地 アンゴラ
身長 6' 5" =約195.6cm
体重 290 lb =約131.5kg
経歴
高校 セントパトリック高校
オンタリオ州オタワ
大学 ジョージア州立大学
NFLドラフト 2012年 / 6巡目全体189位
初出場年 2012年
初出場チーム オークランド・レイダース
所属歴
2012-2013 オークランド・レイダース
2013 シンシナティ・ベンガルズ
2014-2015 ボルチモア・レイブンズ
2016* ワシントン・レッドスキンズ
*オフシーズンまたはプラクティススクワッドとしての所属のみ
NFL 通算成績
タックル 16回
QBサック 1回
ファンブルフォース 0回
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

経歴

アンゴラで生まれた彼はフランスブラジルを経て、カナダオンタリオ州オタワに移り住んだ。高校ではバスケットボールをしており、アメリカンフットボールを始めたのは最終学年になってからであった[1][2]

東アリゾナ・ジュニアカレッジへ入学、NFLで10シーズンプレーしたことのあるビル・カリーが彼のゲームテープを見たことから、カリーがヘッドコーチを務めるジョージア州立大学に転校[1]、2シーズンディフェンシブタックル、ディフェンシブエンドで先発した。2010年には51タックル(7ロスタックル)、5サック、2ファンブルフォース、2011年には38タックル(9ロスタックル)、5サック、1ファンブルリカバー、1ファンブルフォースをあげた[2]

2012年、アトランタで行われたリージョナル・コンバインに参加した[3]。同年のCFLドラフト3巡でウィニペグ・ブルーボンバーズに、2012年のNFLドラフト6巡でオークランド・レイダースに指名された。ジョージア州立大学の選手がNFLドラフトで指名されたのは彼が初めてであった[2]

2013年、第2週のジャクソンビル・ジャガーズ戦でNFL初サックをあげた[4]。10月23日、レイダースがマーテズ・ウィルソンを獲得した際に解雇された[5]。レイダースでは控え選手として、18試合に出場し、13タックル、1サックをあげた[6]。同年11月1日、ジーノ・アトキンス故障者リスト入りしたシンシナティ・ベンガルズと契約したが、カナダ国籍の彼に就労ビザが下りなかったため、契約はNFLより無効となり[7]、ベンガルズは彼の代わりにキーストン・ランドールと契約していた。11月21日にベンガルズと改めて契約を結び、ランドールの代わりにロースターに加わった[6]

脚注

  1. Vittorio Tafur (2012年5月14日). Christo Bilukidi makes a big impression”. sfgate.com. 2014年1月5日閲覧。
  2. Bilukidi Makes History as GSU's First Draft Pick”. ジョージア州立大学 (2012年4月). 2014年1月5日閲覧。
  3. リージョナル・コンバイン参加の69選手が現在ロスター登録”. アメフトNewsJapan (2012年7月22日). 2014年1月5日閲覧。
  4. Vic Tafur (2013年9月15日). Raiders dump powerless Jaguars”. sfgate.com. 2014年1月5日閲覧。
  5. Paul Gutierrez (2013年10月25日). Wilson ready to walk the line for Raiders”. ESPN. 2014年1月5日閲覧。
  6. Josh Kirkendall (2013年11月20日). Bengals sign Christo Bilukidi (again) and waive Kheeston Randall”. cincyjungle.com. 2014年1月4日閲覧。
  7. Joe Kay (2013年11月4日). Bengals put Atkins on IR; Bilukidi's deal voided”. Yahoo! SPORTS. 2014年1月5日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.