クリストファー・アレグザンダー

クリストファー・アレグザンダー(Christopher Alexander、1936年10月4日 - )はウィーン出身の都市計画家建築家ケンブリッジ大学で数学を学んだ後、アメリカに渡り、ハーヴァード大学大学院で建築学を学び、カリフォルニア大学バークレー校教授になる。建築・都市計画の理論としてパタン・ランゲージを提唱したことで知られる。

クリストファー・アレグザンダー
生誕 (1936-10-04) 1936年10月4日(84歳)
オーストリア ウィーン
国籍 アメリカ合衆国
出身校ケンブリッジ大学
ハーヴァード大学
職業都市計画家建築家
所属 カリフォルニア大学バークレー校
建築物 盈進学園東野高等学校
著作 形の合成に関するノート
都市はツリーではない
パタン・ランゲージ

日本ではその理論を元に、盈進学園東野高等学校(埼玉県入間市、1984年)を建設した。

著書

  • 形の合成に関するノート(1964年)
  • 都市はツリーではない(1965年)[1]
都市は階層的に構成されるツリー構造ではなく、様々な要素が絡み合って形成されるセミラチス構造(Semilattice)であることを説いた。磯崎新多木浩二など(ポストモダンの)都市論に大きな影響を与えた。
  • オレゴン大学の実験(1975年)
  • パタン・ランゲージ(1977年)
  • 時を超えた建設の道(1979年)
  • まちづくりの新しい理論(1987年)

脚注

  1. 「都市はツリーではない」英語版はウェブ上で閲覧可能

参考文献

  • S・グラボー『クリストファー・アレグザンダー』吉田 朗・長塚正美・辰野智子訳 工作舎 1989 ISBN 4-87502-153-4

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.