クリスチャン・H・F・ピーターズ

クリスティアン・ハインリヒ・フリードリヒ・ペータース(Christian Heinrich Friedrich Peters、1813年9月19日-1890年7月18日)は19世紀デンマーク出身のアメリカ天文学者であり、初期の代表的な小惑星発見者である。一般には英語読みのクリスチャン・H・F・ピーターズと表記されることが多い。

クリスチャン・H・F・ピーターズ

弟には植物学者ヴィルヘルム・ペータースがいる。

生涯

彼は当時デンマーク領(現在はドイツ領)のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州コルデンビュッテルで生まれ、ベルリン大学ヨハン・フランツ・エンケ天文学数学を学んだ後博士号を取得し、ゲッティンゲンカール・フリードリヒ・ガウスの助手となった。

地質学者のヴォルフガング・ザルトリウス・フォン・ヴァルタースハウゼンと共にシチリアエトナ山を観測した後、ナポリカポディモンテ天文台太陽黒点の観測を行う。同地で1846年彗星(C/1846 VI)を発見した。しかしこの彗星は非常にかすかだったため当時は正確な軌道を決定できず、1982年マルコム・ハートレーにより再発見されて80P/ピーターズ・ハートレー彗星と命名された。

しかしイタリアが政情不安に陥ったため、ピーターズは1849年フランスへ脱出するが、結局無一文同然でオスマン帝国イスタンブールへ渡る。ピーターズは古代ギリシャ語ラテン語ヘブライ語アラビア語ペルシャ語トルコ語などの言語を習得していた事を買われ、アブデュルメジト1世の元でワズィールを務めていたレシード・パシャことヴィルヘルム・シュトレッカーの科学顧問となった。

駐米トルコ大使の要望により、ピーターズはアレクサンダー・フォン・フンボルトの推薦状を携えて1854年にアメリカに渡った。ニューヨークユーティカ(ウティカ)近くにあるクリントンに在住し、ハミルトン・カレッジに勤務して黒点の観測を続ける一方、1861年から1899年まで生涯で48個の小惑星を発見した。

また彼は他にも様々な星雲銀河も発見した。テンペル・タットル彗星しし座流星群の関係にも気付いたが、その時にはすでにジョヴァンニ・スキアパレッリにより同様の発表がなされていた。

1890年にクリントンで死去した。天文台で、観測中に葉巻を咥えたまま息を引き取っていたという。ハミルトン・カレッジの墓地に埋葬されている。

発見した天体

クリスチャン・H・F・ピーターズ が発見した小惑星48
72フェロニア1861年5月29日
75エウリディケ1862年9月22日
77 フリガ1862年11月12日
85 イオ1865年9月19日
88 シズビー1866年6月15日
92 ウンディナ1867年7月7日
98 イアンテ1868年4月18日
102 ミリアム1868年8月22日
109 フェリキタス1869年10月9日
111 アテ1870年8月14日
112 イフィゲニア1870年9月19日
114 カサンドラ1871年7月23日
116 シロナ1871年9月8日
122 ゲルダ1872年7月31日
123 ブルンヒルト1872年7月31日
124 アルケステ1872年8月23日
129 アンティゴネ1873年2月5日
130 エレクトラ1873年2月17日
131 バラ1873年5月24日
135 ヘルタ1874年2月18日
144 ビビリア1875年6月3日
145 アデオナ1875年6月3日
160 ウナ1876年2月20日
165 ローレライ1876年8月9日
166 ロドペ1876年8月15日
167 ウルダ1876年8月28日
176 イドゥナ1877年10月14日
185 エウニケ1878年3月1日
188 メニッペ1878年6月18日
189 フティア1878年9月9日
190 イスメーネ1878年9月9日
191 コルガ1878年9月30日
194 プロクネ1879年3月21日
196 フィロメラ1879年5月14日
199 ビブリス1879年7月9日
200 ディナメネ1879年7月27日
202 クリュセイス1879年9月11日
203 ポンペヤ1879年9月25日
206 ヘルシリア1879年10月13日
209 ディド1879年10月22日
213 リラエア1880年2月16日
234 バルバラ1883年8月12日
249 イルゼ1885年8月16日
259 アレテイア1886年6月28日
261 プリムノ1886年10月31日
264 リブッサ1886年12月22日
270 アナヒタ1887年10月8日
287 ネフティス1889年8月25日

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.