クノニア科

クノニア科[1]あるいはクノーニア科[2](Cunoniaceae)とは被子植物の一つである。クロンキスト体系ではクノニア科のほかにもエウクリフィア科Eucryphiaceae)やダウィドソニア科Davidsoniaceae)といった分類群が存在しいずれもバラ目の下に置かれていたが、APG体系でまとめてカタバミ目の下に置かれることとなった[3]

クノニア科
エリカモドキBauera rubioides
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 core eudicots
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ上群 superrosids
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : rosid I / Fabidae
: カタバミ目 Oxalidales
: クノニア科 Cunoniaceae
学名
Cunoniaceae R.Br.

本文参照

オーストラリアを始めとするオセアニア東南アジアの島嶼部、南アフリカ共和国南アメリカといった地域に分布する。日本に分布する種は一種類も存在しないが、園芸用植物としてオーストラリア産のエリカモドキ(別名: アイノカンザシ; 学名: Bauera rubioides)やクリスマスブッシュ(学名: Ceratopetalum gummiferum)が知られている。また、タスマニア島固有種のレザーウッド(: leatherwood)ことテリハエウクリフィア(学名: Eucryphia lucida)の蜂蜜も流通するようになってきている[4][5]

特徴

科全体に共通する特徴は葉が対生葉柄托葉を1つ持ち、花糸が蕾の内側に丸まり、二溝粒の花粉を有し、内胚乳が澱粉質(ただしこの特徴はDavidsonia属には当てはまらない)といったものである[6]

コーチウッド(Ceratopetalum apetalum
ダビッドソンスモモ(Davidsonia pruriens
ウルモ(Eucryphia cordifolia
ティネオ(Weinmannia trichosperma

以下のような属がある[7]

脚注

  1. 『熱帯植物要覧』熱帯植物研究会 編、養賢堂、1996年、第4版、135-7頁。ISBN 4-924395-03-X。
  2. クリストファー・ブリッケル 編集責任、横井政人 監訳『A-Z 園芸植物百科事典』誠文堂新光社、2003年、247頁。4-416-40300-3
  3. Soltis, Douglas; Soltis, Pamela; Endress, Peter; Chase, Mark; Manchester, Steven; Judd, Walter; Majure, Lucas; Mavrodiev (2018). Phylogeny and Evolution of the Angiosperms (Revised & Updated ed.). Chicago and London: The University of Chicago Press. pp. 227, 229. doi:10.7208/chicago/9780226441757.001.0001. https://books.google.co.jp/books?id=Z-RHDwAAQBAJ&pg=PA227&dq=Cronquist+system+Cunoniaceae&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwjvxrmX4JzrAhVCMN4KHaaoCEsQ6AEwBnoECAkQAg#v=onepage&q=Cronquist%20system%20Cunoniaceae&f=false
  4. 木村幸子『毎日がしあわせになる はちみつ生活』主婦の友社、2017年、89頁。ISBN 978-4-07-420676-6。
  5. レザーウッドハニー”. マウナノニ. 2020年8月12日閲覧。
  6. Stevens, P. F. (2001 onwards). Angiosperm Phylogeny Website. Version 14, July 2017 [and more or less continuously updated since].
  7. POWO (2019). "Plants of the World Online. Facilitated by the Royal Botanic Gardens, Kew. Published on the Internet; http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:77126639-1 Retrieved 15 August 2020."
  8. Nathan Banks (1868–1953) entomologist, Richard C. Banks (1940-) or ジョゼフ・バンクス (1743–1820) botanist
  9. アレン・コーンビス 著、濱谷稔夫 翻訳・監修『木の写真図鑑 完璧版日本ヴォーグ社、1994年。4-529-02356-7
  10. 林弥栄、古里和夫 監修『原色世界植物大圖鑑』北隆館、1986年。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.