クセノクラテス

クセノクラテス: Ξενοκράτης, Xenokratēs: Xenocrates紀元前396年 - 紀元前314年頃)は、ギリシア哲学者

クセノクラテス

生涯と逸話

アガテノルの子でカルケドンの生まれ[1]。古アカデメイア第3代の学頭として25年間在職した。プラトンの伴をしてシケリアにも出かけたが、生まれつき鈍かったため師のプラトンにはアリストテレスと比較されて「一方には手綱が必要だが、一方には拍車が必要だ」と言われていた。反面クセノクラテスは威厳に富み、人格者として知られていたので、アテナイ人には宣誓しないで証言することを許されていたほど信頼されていた[2]

学説と著作

クセノクラテスはプラトン晩年の思想をピタゴラス派に近づけ、イデアを同じものと見、世界の生命原理を自己運動する数として規定した。三分法を好み、論理学・自然学・倫理学の3学科、天下・天・地上の3界、感覚・ドクサ・知の3知覚などの区分を試みた。道徳説としては知と徳、徳と幸福の一致を唱えた。

ディオゲネス・ラエルティオスによると、クセノクラテスは『自然について』6巻、『知恵について』6巻、『富について』1巻などを初めとして22万4239行にわたる著作を行ったという[3]

脚注

  1. ディオゲネス・ラエルティオス『ギリシア哲学者列伝(上)』岩波文庫、1994年、P.335。
  2. ディオゲネス・ラエルティオス『ギリシア哲学者列伝(上)』岩波文庫、1994年、P.336。
  3. ディオゲネス・ラエルティオス『ギリシア哲学者列伝(上)』岩波文庫、1994年、P.339-344。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.